試合結果

明治安田生命J3リーグ 第15節【vs アスルクラロ沼津】

2021年07月12日

【明治安田生命J3リーグ 第15節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs アスルクラロ沼津」1-1で引き分けとなりました。

スタメン

スタジアムにお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。

約1ヶ月の中断期間を経て、8/29(日)はホーム・ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてvsAC長野パルセイロ戦です。
また9/4(土)はアウェイ・プライフーズスタジアム(青森県)にてvsヴァンラーレ八戸戦です。
中断期間しっかり準備してホームで皆様の前で勝利を届け勝ち点3を得られるよう、全力で戦いますので応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs アスルクラロ沼津」


前半 1-1
後半 0-0
—————
1-1

【得点者】
40分 20橋本啓吾

【メンバー】
GK 32石井健太
DF 2青山生
DF 3井原伸太郎
DF 33代健司
DF 21大熊健太
MF 17前田椋介
MF 23徳永裕大
MF 18渡邊龍
MF 11藤岡浩介
FW 20橋本啓吾
FW 25梅田魁人

サブ
GK 1伊東倖希
DF 22綿引康
DF 28大畑隆也
MF 15内薗大貴
FW 10水永翔馬
FW 14サミュエル
FW 36三村真

【交代】
70分 23徳永 → 22綿引
70分 20橋本 → 14サミュエル
80分 11藤岡 → 36三村
80分 25梅田 → 10水永

>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

試合ハイライト動画


内藤監督インタビュー

◆試合を振り返って
遠く宮崎からサポーターの方が観に来てくださった試合でした。満足はしていませんが最低限の事が出来て勝ち点1を得る事が出来ました。
前半戦最後の試合ということで、是非とも勝って勝ち点3を取って前半戦を終わろうという気持ちで一致団結して入りました。
その中で最低限の事、最後まで選手たちが走り続けてくれましたしゴールを目指し続けてくれましたので良かったと思います。
前回の試合の反省点である、セットプレーやクロス対応については今日もクロスプレーから失点してしまいましたので、引き続きの課題で修正していかないといけないなと感じました。

また、前半の入りは凄くよく入る事が出来た中で、両チームとも20分ぐらいからアグレッシブというかどっちの攻撃という形になってきた中で、どうやってチャンスを作っていこうという場面でお互いにミスが多々あったので、両チームともスムーズに進められたら、もっと得点シーンやチャンスの多い面白い試合になったのではないかと思います。

後半に関しては、そういう状況の中お互いにゴールを目指して戦ってくれましたし、自分たちのチームも交代選手を入れて何とか点を取りに行こうと交代選手を入れました。
点数は取れませんでしたが、最低限の勝ち点1が取れたので後半戦に繋がるゲームになったかと思います。

また、総合的に今のコロナの世の中でサッカーをさせてもらえるという喜びの中で選手たちはグラウンドで精一杯プレーしてくれました。特にここ数日間の宮崎県もそうですが静岡県においても豪雨で被災された方々の光になれるようなプレーをしようという事で選手たちを送りだしました。

◆開幕戦以来のGK石井選手の起用について
調子のいい選手を常にスタメンに出すということで起用しました。

◆前半の振り返り・後半に向けての意気込み
Jリーグ初挑戦で、勢いよく選手たちが一生懸命頑張ってくれましたし、スタッフ含めてチーム全体が特にホームゲームを含めて、ホームで負けが少ないというのはそういうところに繋がっているかと思いますしチームで成長できていると感じました。

せっかく良い位置につけているので、まずは前半戦に負けた・引き分けたチームには必ずリベンジ出来るようにすることと、どこと試合しても力の差は無いと思うので毎試合毎試合100%の力を出せる波の無い選手たちをフィジカルテクニック含めて特にメンタルの部分でもっと成長させていきたいと思います。
後半戦も暑い時期が続きますが、しんどい時にどれだけ相手より頑張れるか、普段の練習でも日本全国同じ時間に同じぐらいの時間練習していると思いますが、中身が重要でどれだけ試合に近いプレッシャーでトレーニングに取り組めるか突き詰めて、本当に勝てる試合を多くやっていきたいと思います。

橋本啓吾選手インタビュー

◆ゴールシーンについて
直接コースを変えました。
こぼれ球を狙う意識で入りましたが、このコースでは入らないと判断して触りました。

4試合連発について
得点を取ることは意識しながら求められているものを出そうと思い入りました。
負けている状況でしたので、同点に追いついて流れを取って逆転につながるゴールになればいいなと思っていました。
その後プレーしていたのですがなかなか取れず、やっぱり勝ちにつながる得点が取れず、引き分けに持ち込んでいるけど、チャンスもあったので、決め切って勝ち切るところを改善していきたいです。

◆前半の振り返り・後半に向けての意気込み
前半戦の最初のほうはなかなか点が取れず、試合重ねる度に点が取れるようになってきましたが、その中でチャンスも多くあったので決めきれるようにしていきたいと思います。
まだまだ物足りない部分がいっぱいあるので、もっと精度を高めて後半戦に向けて良い準備をしていきたいと思います。
調子はいいのですが得点以外のところで、もっとハイボールを収める、ポストプレーでの正確さをもっと高めていければと思っています。

石井健太選手インタビュー

◆開幕戦以来のスタメンについて
開幕戦出場してから11試合間が空いてしまいましたが、チームの力になりたいという思いで日々を過ごしていました。
開幕戦の反省点や外からの景色で感じることが非常に多くありました。
そういうことを課題としながら、一日一日を大事にしながら今日を迎えることができたと思います。

また、地元の静岡でサッカーができるという事は、自分のサッカー人生の中でも嬉しい事ではありました。

◆試合について
プランとしては先に失点するとゲーム展開は難しくなってしまいます。
4試合連続でセットプレーから失点していたというのもあったので、そこは課題として練習してきていた部分でしたので非常に残念でしたが、時間帯としてもまだ早かったし、残り時間もあったので、切り替えようと声掛けができました。
前半のうちに得点できたのは非常に良かったかなと思っています。

相手も非常にパスワークが上手く、はがされて危ない場面も多々ありましたが、クロスからの失点が最近多かったですがしっかりマークや声掛けが出来ている部分もあったので、失点はしてしまいましたがDF陣と協力して最少失点に抑えられたことは良かったかと思います。

攻撃の部分でこちらからアクションを起こして相手を動かすということをもっと突き詰めてやっていかないといけないと感じました。
パス1つ、パススピード等ちょっとしたポジショニングで変わってくるかと思うので、控室で選手みんなで話していたので、中断期間に入り後半また同じ相手と2回目対策された中で戦っていくことになりますが、しっかり勝ち切れるように1試合1試合しっかり戦える準備をしていきたいと思います。

◆豪雨災害で被災された方などへ、サッカーを通じて伝えられる事などあったかと思いますが、どんな思いでピッチに立ったか
沼津の選手たちは、豪雨で被災された方に元気や勇気を与えようという気持ちで戦う姿勢が感じられましたし、私たちも宮崎から応援して下さる皆様に勇気や元気を与えられたらという強い気持ちでプレーしていました。
その気持ちがしっかり体を張って守る事で表現できたのではないかと思っています。
観てる人たちは勝ちの試合が観たかったと思いますので、後半戦はアウェイでもホームでも勝ち切るゲームを見せて、皆様に明日への勇気・元気を与えられるよう頑張りたいと思います。

◆前半の振り返り・後半に向けての意気込み
J3初年度で相手もどんなサッカーをしてくるのか体感では分からない状況で、対策しきれていない箇所もあったかと思います。
しっかり対策されてくるであろう2巡目でいかに勝ち切るか、後半戦が非常に大事になってくるかと思います。
前半戦の事は忘れて、後半戦しっかり戦いたいと思います。

フォトギャラリー

弾幕
サポーター

▼ピッチ内アップ
伊東選手
大畑選手
水永選手

▼前節(第14節福島ユナイテッドFC戦)にて、皆様からお預かりした「静岡県東部の大雨による復興支援募金」をアスルクラロ沼津へお渡しいたしました。
ご協力いただいた皆様ありがとうございました。
寄付金贈呈

▼選手入場
代選手
石井選手
青山選手

▼試合開始
円陣
青山選手
大熊選手
藤岡選手
代選手
石井選手
梅田選手
ゴール前

▼先制されるも、前半40分、藤岡選手のシュートに反応し、橋本選手がコースを変えて同点に。
4試合連続のゴールとなりました。
藤岡選手
ゴール後
ゴール後
橋本選手

▼ハーフタイム
渡邊選手・梅田選手
サブ組

▼後半開始
ゴール前
石井選手
梅田選手・渡邊選手
サミュエル選手
前田選手・三村選手
ゴール前
ゴール裏

▼試合終了
試合終了
挨拶
挨拶

試合結果

明治安田生命J3リーグ 第14節【vs 福島ユナイテッドFC】

2021年07月05日

【明治安田生命J3リーグ 第14節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs 福島ユナイテッドFC」3-2でテゲバジャーロ宮崎の勝利となりました。

スタジアムにお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。

福島ユナイテッド戦

次週7/11(日)は前半最終戦となるアウェイ・愛鷹広域公園多目的競技場(静岡県)にてvsアスルクラロ沼津戦です。
1ヶ月半ほど間が開きますが、後半初戦は8/29(日)、ホーム・ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてvsAC長野パルセイロ戦となります。
ホームで皆様の前で勝利を届け勝ち点3を得られるよう全力で戦いますので応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs 福島ユナイテッドFC」


前半 1-0
後半 2-2
—————
3-2

【得点者】
25分 20橋本 啓吾
83分 10水永 翔馬
90+2分 36三村 真

【メンバー】
GK 47植田峻佑
DF 2青山生
DF 3井原伸太郎
DF 33代健司
MF 21大熊健太
MF 17前田椋介
MF 23徳永裕大
MF 18渡邊龍
FW 11藤岡浩介
FW 20橋本啓吾
FW 25梅田魁人

サブ
GK 32石井健太
DF 22綿引康
DF 28大畑隆也
MF 15内薗大貴
FW 10水永翔馬
FW 14サミュエル
FW 36三村真

【交代】
71分 20橋本→10水永
71分 18渡邊→36三村
90分 25梅田→14サミュエル
90分+5 23徳永→15内薗



>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

試合ハイライト動画



試合前・ハーフタイムイベント


▼遠く福島から来ていただいたサポーターの皆様へご挨拶。
杏奈さん

▼スタジアムグルメ紹介:椎乃実様
椎乃実様
椎乃実様

▼スタジアムグルメ紹介:風味堂菓子舗様
風味堂菓子舗様
風味堂菓子舗様

▼ハーフタイムでは恒例・抽選会を開催!今回は千布選手がプレゼンターとして登場!
千布選手・綿引選手が昨シーズン使用したユニフォームがプレゼントされました。当たった方はラッキー♪
ハーフタイムイベント

試合フォト


旗
前田選手
代選手
大熊選手
サミュエル選手
アップ

入場前

▼選手入場
井原選手
前田選手

▼試合開始
円陣

▼前半25分、橋本選手がピッチ中央あたりでボールを受けると、そのままドリブルで運び、ファーサイドへとシュートを流し込み先制点
橋本選手
橋本選手ゴール後

梅田選手
井原選手
大熊選手
渡邊選手

▼1点リードのまま折り返すも後半開始早々に2失点で逆転を許す。しかしその後数的有利に立つと、後半38分大熊選手のコーナーキックを頭で押し込んだのは、怪我から復帰した昨年までの得点王・水永選手!
このゴールに会場の熱も上がりました
水永選手ゴール
水永選手ゴール後

▼さらに後半アディショナルタイムに、中央からパスを繋ぎ、最後に押し込んだのは三村選手!
チームにとってJで奪った初の3得点目は、値千金の後半アディショナルタイムの逆転弾になりました。
三村選手
三村選手ゴール後

代選手
梅田選手
藤岡選手
青山選手
水永選手
キック前
交代

サポーター
福島ユナイテッドサポーター

▼試合終了
試合終了
挨拶
挨拶
挨拶
挨拶

後ろ姿

南宮崎ヤマモト腎泌尿器科presents Man of the match

今回の受賞者は、水永選手です!

水永選手
水永選手

美味しいいっぱいスタジアムグルメ♪

【出店企業様】今節もご協力ありがとうございました。
〇阿波岐原クラフトブルワリー様
〇空の駅眺鷲台竜馬様
〇キムラ漬物宮崎工業株式会社様
〇株式会社地頭鶏ランド日南様
〇株式会社シーボン様
〇長友みかん農園様
〇珈琲専科批呂様
〇椎乃実様
〇有限会社南九州商事様
〇風味堂菓子舗様
〇デーリィ南日本酪農協同株式会社様

試合結果

明治安田生命J3リーグ 第13節【vs 藤枝MYFC】

2021年06月28日

【明治安田生命J3リーグ 第13節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs 藤枝MYFC」1-2でテゲバジャーロ宮崎の敗戦となりました。



アウェイ静岡までお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。

次週7/4(日)はホーム・ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてvs福島ユナイテッドFC戦です。
翌週7/11(日)はアウェイ・愛鷹広域公園多目的競技場(静岡県)にてvsアスルクラロ沼津戦です。

前半最後のホームゲームとなりますので、皆様の前で勝利を届け勝ち点3を得られるよう全力で戦いますので応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs 藤枝MYFC」


前半 0-1
後半 1-1
—————
1-2

【得点者】
65分 20橋本啓吾

【メンバー】
GK 47植田峻佑
DF 2青山生
DF 3井原伸太郎
DF 33代健司
DF 5黒瀬純哉
MF 17前田椋介
MF 21大熊健太
MF 23徳永裕大
MF 18渡邊龍
FW 11藤岡浩介
FW 20橋本啓吾

サブ
GK 32石井健太
DF 22綿引康
DF 28大畑隆也
MF 15内薗大貴
FW 10水永翔馬
FW 14サミュエル
FW 36三村真

【交代】
65分 5黒瀬→36三村
65分 20橋本→10水永
81分 18渡邊→14サミュエル

>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

試合ハイライト動画


内藤監督インタビュー

◆試合を振り返って
遠く宮崎から応援にきてくださったサポーターに勝利を届ける事が出来ず大変申し訳なく思っています。
内容としては自分たちがボールを握りながら先に点を取られてしまい追う展開になりましたが、後ろ5枚で守られたときにどう崩していくか、相手の陣形が整う前にいち早く攻める事が出来ていませんでした。
後半は選手も入れ替えながら改善にトライしていましたが、結果先に点は取られてしまいましたが2-1に追いついて、最後パワープレイを含めて選手たちは最後までなんとか追いつこうという気迫のもと精一杯やってくれました。
また次につながるような働きだったかと思います。

◆3戦白星から遠ざかっている状況。本試合へどのように臨んだか、また敗戦をどう受け止めているか
負けて引き分けて今日の試合が大事だという事で臨みましたが、結果的に勝つことができませんでした。
負けるときはクロスへの対応だったり、今までが良かったというかそういうボールが入らなかったり精度がなかったりだというところだと思いますが、これからもっと自分たちが研究されていく中で、どうやって打ち破っていくのかという事だと思います。
前半特に目立ったのがイージーなパスミスだったりボールロスが多かったのですが、そういう事を減らしていかないと勝ちにはなかなか繋がりませんので、すべてをもう一回見直す必要があるのではないかと感じました。

◆攻撃面について:シュートは相手より大幅に上回っていたが
当初はシュート数が少ないところで、数は打てるようになってはきましたが入るシュートを打たないと意味がないので、今度は次の段階の精度の部分が必要。
当然決めようと思ってシュートを打っていますが、シュート練習などトレーニングをして精度を高めていかないといけないと思います。
数は打ててきたが今度は中見の部分になるので、次の段階としてやっていきたいと思います。

◆藤枝のシステムへの対応について
3バックの相手とやっていますし、当然4バックであってもミーティングしているので他クラブの選手に言えることかもしれませんがそこでの理解度、与えられたものを聞いているだけではなく、本当に自分のものにしようという気持ちで、意識を選手たちには植え付けていかなければいけません。形としてミーティングは与えますが、やるのは選手達だよという事。
サッカーというのはグランドの中で相手がどういうフォーメーションでやるか、ゲームの中でどう変わるかという部分も多々あるので、個々がサッカー選手として技術や体力、ボールを扱う以上に頭脳の部分でやるのが特徴の一つにはなってきます。勿論私たちも外から言いますがそこを選手達にもっと植え付けられるように、そういう選手を育てられるようにならなければならないと実感しましたし、そういう意味ではまだまだ伸びしろがある選手達なので、根気強く指導して共に成長していけるように頑張りたいと思います。

--相手がサイドチェンジして逆サイドを使用する戦術になったが、それに対する対応が遅れ気味だったか
そこも相手の狙いであったと思いますし、逆に自分たちのパスをつなぎながら開いているところどこで2体1にできるのかポジションを取りながら崩していくという形。
結局は勝った方が強い、結果だけ観ればそうなりますが、お互いにそういう色を出しながらもっとお金を払って見に来てくれている子供たちなどに満足して帰ってもらえるような試合をさせないといけないという責任感を感じましたし、J3であってもお金払って観に来てよかったなと思えるもっとレベルの高い試合をしていきたいと思います。

代健司選手インタビュー

◆ここ数試合の失点が同じ形で、クロス対応とセットプレーがポイントだと試合前に言っていましたが、今日も同じような形の2失点
相手の得意なパターンとして、そこ(クロスとセットプレー)の精度というのはあったので、注意はしていたんですけど、最後のところでズレが生じてしまったり、ボールを追ってしまったりというところがまだあるのかなと思います。
同じやられ方をしているということは、厳しく言えば学べていないということだと思うので、来週のホームゲームに向けて課題でありますし改善点として取り組んでいきたいです。

◆攻撃面について
相手が前からボールを追ってこなかったので、比較的僕たちがボールを持つ時間は長かったです。ただ、しっかりとブロックを作った中でスペースを消されていたので、なかなかその間を突いていくルートを見つけるのに時間がかかってしまったのかなと思います。
前節、前々節も相手は5バックで守っていましたが、そういう引かれた中で、スペースがない中で崩せるパターンやコンビネーションをもっと増やしていかなければいけないと思います。
そればかりは一人で出来るところではないので時間がかかってしまうかと思いますが、イマジネーションが合ってくれば、もっと面白いサッカーができると思いますし、もっとゴールに直結できるようになってくると思います。

◆ピッチ内での選手のコミュニケーションについて
コミュニケーションがとれていないとは思いませんが、1失点目は声で解決できるところではあったのではないかと思います。
大事なところで声を出せない選手がいたり、全体でもっと危険な場所をかぎ分けられるように喋れるようにならないといけないのではないかと思います。

戦い方が相手のチームあっての戦い方にはなりますが、喋ったり喋らないでも合うように密にずっとやり続けるしかないのではと思います。

◆次戦への意気込み
まずはここ3試合同じやられ方をしていますし、そこを改善していきたいと思います。
サポーターの皆様が失点0で勝つ試合を観に来ると思うので、次はホームで出来るので集中して頑張りたいと思います。

橋本啓吾選手インタビュー

◆久しぶりのスタメンについて
監督からは、控えの選手もいるので最初から飛ばしていけという言葉をもらっていました。
入りからハードワークして点を取りにいくという気持ちで入りました。
(藤岡 浩介と組んだのは)初めてですが、練習では何回か一緒にやっていたので、そのときのコンビネーションとかはうまくできていたと思います。

◆2戦連続のゴールについて
こぼれ球に早く反応できて決められたゴールだったので、ああいうポジションを取れていたことが良かったと思います。
前半はもっと決められるシーンがあったんですが、1つ返せたというのは大きいことだと思うので、次節以降もしっかり点を取れるように練習していきたいと思います。

◆攻撃の課題は?
ここ3試合は前に入るボールが少なくて、前に積極的につけようという話はあるんですが、なかなか入らないという状況が続いている感じです。前の選手のアクションもありますが、それに対してボールが出ていないという状況が続いていると思います。


フォトギャラリー


大熊選手
攻防
大熊選手
黒瀬選手
青山選手
黒瀬選手
攻防
ゴール前
攻防

試合結果

明治安田生命J3リーグ 第12節【vs カマタマーレ讃岐】

2021年06月21日

【明治安田生命J3リーグ 第12節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs カマタマーレ讃岐」2-2で引き分けとなりました。



スタジアムにお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。
次週6/26(土)はアウェイ・藤枝総合運動公園サッカー場(静岡県)にてvs藤枝MYFC戦、
翌週7/4(日)はホーム・ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてvs福島ユナイテッドFC戦となります。

これから暑い季節に入りますが、気合い入れて頑張ってまいりますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs カマタマーレ讃岐」


前半 1-1
後半 1-1
—————
2-2

【得点者】
12’ 18 渡邊 龍
75’ 20 橋本 啓吾

【メンバー】
GK 47 植田 峻佑
DF 2 青山 生
DF 3 井原 伸太郎
DF 33 代 健司
DF 5 黒瀬 純哉
MF 17 前田 椋介
MF 21 大熊 健太
MF 23 徳永 裕大
MF 18 渡邊 龍
FW 25 梅田 魁人
MF 11 藤岡 浩介

サブ
GK 32 石井 健太
DF 22 綿引 康
DF 28 大畑 隆也
FW 10 水永 翔馬
FW 14 サミュエル
FW 20 橋本 啓吾
DF 36 三村 真

【交代】
66′ 11藤岡→14サミュエル
66′ 18渡邊→20橋本
87′ 23徳永→10水永

>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

試合ハイライト動画



内藤監督インタビュー

◆試合を振り返って
先制点はとったがそのあとミスからの失点や相手が得意とわかっていたコーナーからの失点と、点を取られてしまった。
そんな中でも交代で出た(橋本)選手が点と取れたということはよかった。
どちらも(自分達が)勝てたと思えた試合であり、お互いの特徴が出せた試合だったと思います。

◆今日の戦略について
相手が引いてしまわないうちに早く(3バックやサイドハーフを使ってボールを動かし)フィニッシュまで持っていこうという計画だったが、判断が遅くなって相手が戻ってしまい、攻撃が難しくなってしまった。
コンビネーションを使って相手の裏をつく攻撃が薄かった。うちの特徴は出せたと思うが、そこからどうやって勝ちに繋げるかが課題。

◆交代選手のポジショ二ングについて
交代選手は豊富にいる中で、橋本選手や水永選手の(背の)高さを引き出そうという形で考えた。
2点目を取られてからやっと前にボールが入りだした。(パワープレーに振り切った時間帯が)守備やバランスは崩れるがお互いにサッカーらしくなったと思う。

◆水永選手の復帰について
怪我の治療で休んでいる間もチームのみんなから信頼される存在。
ただのおっきいおっちゃんじゃなくて、存在感を背中で見せてくれている選手だと思う。まだまだ戦える選手なので、もっともっと長い時間出場してもらって、チームの戦力となり、彼の特徴である前線でのボールのキープ力など、橋本にそれを伝えて欲しい。



渡邊選手インタビュー

◆シュートシーンの振り返り
前田選手が(練習時から)自分の動きを見てくれているので、自分が内側に走りこんでいい位置で蹴れたかなと思います。
ボールがちょっと後ろ目にきたので、トラップで前に運んでいい形でシュートできました。前半早い時間に点が取れたのはよかったが、その後の失点が早かったのが課題だと感じます。

◆前節の敗戦をふまえて
前節、ドリブルもシュートも何もできなかったので、今節はシュートを打って自分の持ち味を出すというのを意識しました。
チームとしても、2連敗はしないという意識があり、ホームで勝ちたかったが、勝ちきれず残念。


橋本選手インタビュー

◆途中出場すぐのゴールについて
精度の高いボールが上がってきて、代選手が相手をしっかりブロックしてくれていたので(頭で)叩くことができた。
試合出る前に必ず同点にする、そして勝つということを目標にして出たが、あと1点を決めきれなくて残念。
終了間際、水永選手も入ってパワープレーになったが、セカンドボールを取りきれず、シュートに運べなかった。

◆公式戦で初めて水永選手とプレーして
水永選手を信じて走った。背後を走っているとちゃんとボールがくるんで、やりやすかった。

水永選手インタビュー

◆4年ぶりのJの舞台、怪我からの復帰、今日の想いは
しっかりした体を戻してくれたドクター、リハビリの先生に感謝したい。久しぶりのJという舞台、声援や拍手が僕の力になり、大変感慨深いものがありました。
試合では、やはりゴールを目指していたので、悔しい思いはあります。

◆チームでの自身の存在について
チームの調子が良くて、それをスタンドから見ることが多かった。僕が出ることでプラスアルファの部分を出していきたいと思っていましたし、雰囲気づくりを意識しながら練習に取り組んでいました。今節、監督、コーチが選んでくれたので、感謝しています。

◆次節からの意気込みについて
次節以降、スタメン起用も視野に入れながら若い選手とも競っていくのだと思う。ランキング上位チームに食らいついていけるように、そして4年連続得点王を目指しているので、藤岡選手を抜けるよう頑張りたいと思います。

◆お客さんの様子を見て
(ピッチ上で)体感する熱気はまた違って、幸せなことだなと改めて思いました。
ここでゴールとったらもっと盛り上がるんだろうなと想像をし、しっかり結果を残したいです。


試合前・ハーフタイムイベント


▼チアダンスサークル「宮崎Tcheers」が初登場!会場を熱く盛り上げてくれました。
応援練習の際にもお手伝いいただきました。
チアダンスサークル「宮崎Tcheers」
チアダンスサークル「宮崎Tcheers」

▼ボールパーソン:宮崎県立高鍋高等学校・宮崎県立高鍋農業高校サッカー部


▼ハーフタイムでは恒例・抽選会を開催!今回は石田選手がプレゼンターとして登場!
石田選手・サミュエル選手が昨シーズン使用したユニフォームがプレゼントされました。当たった方はラッキー♪




試合フォト

▼スタジアム入りする選手達
植田選手
サミュエル選手
大熊選手
梅田選手
水永選手

石井選手

▼選手入場
代選手
植田選手
黒瀬選手
渡邊選手
井原選手

▼試合開始
前田選手
代選手
藤岡選手
青山選手
徳永選手

▼前半12分、前田選手のスルーパスを受けた渡邊選手がペナルティエリア内から右足のシュートでゴールを決める
渡邊選手
ゴール後

前田選手
梅田選手
大熊選手
サミュエル選手

▼前半16分・後半15分に失点し逆転を許すも、後半30分、大熊選手のコーナーキックからから交代したばかりの橋本選手がヘディングで叩き込み、同点に追いつきます。
橋本選手
橋本選手

サミュエル選手
梅田選手
黒瀬選手

▼怪我から復帰し、途中出場にて今季初出場を果たした水永選手。会場からは大きな拍手が送られました。
交代シーン
水永選手
水永選手

▼試合終了
挨拶
帰っていく選手たち

美味しいいっぱいスタジアムグルメ♪

【出店企業様】今節もご協力ありがとうございました。
〇阿波岐原クラフトブルワリー様
〇空の駅眺鷲台竜馬様
〇キムラ漬物宮崎工業株式会社様
〇株式会社地頭鶏ランド日南様
〇株式会社シーボン様
〇長友みかん農園様
〇珈琲専科批呂様
〇風味堂菓子舗様


試合結果

明治安田生命J3リーグ 第11節【vs FC岐阜】

2021年06月14日

【明治安田生命J3リーグ 第11節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs FC岐阜」1-3でテゲバジャーロ宮崎の敗戦となりました。



ビジター席が設けられない試合となった今節、事前の応援メッセージ企画にご参加いただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。

次週6/20(日)はホーム・ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてカマタマーレ讃岐戦です。
翌週6/26(土)はアウェイ・藤枝総合運動公園サッカー場(静岡県)にて藤枝MYFC戦です。

気持ちを切り替え、ホームで皆様の前で勝利・勝ち点3を得られるよう全力で戦いますので応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs FC岐阜」


前半 1-2
後半 0-1
—————
1-3

【得点者】
45分+3分 11藤岡

【メンバー】
GK 47植田峻佑
DF 2青山生
DF 3井原伸太郎
DF 26藤武剛
DF 21大熊健太
MF 17前田椋介
MF 7千布一輝
MF 23徳永裕大
MF 18渡邊龍
FW 25梅田魁人
FW 11藤岡浩介

サブ
GK 32石井健太
DF 28大畑隆也
DF 5黒瀬純哉
MF 15内薗大貴
FW 19儀保幸英
FW 20橋本啓吾
FW 36三村真

【交代】
59分 18渡邊→36三村
62分 26藤武→28大畑
82分 11藤岡→19儀保
82分 7千布→15内薗
82分 23徳永→20橋本

>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

試合ハイライト動画


内藤監督インタビュー

◆試合を振り返って
トレーニングから相手の分析をして試合に臨みましたが、前半から点を取られてしまったのが反省点です。
FC岐阜さんの精度など、一人一人の力が自分たちより上回っていたのが前半の印象で、一番終わりの部分で得点する事が出来てこのまま勢いづいて次の1点が勝負だという事で後半送り出しましたが、残念なことに先にとられてしまいました。
選手が最後まで戦ってくれた事には満足しています。
相手との違いは精度で、次のレベルに行くためにはトレーニングの中でどれだけこだわれるか意識を持ちながら日々トレーニングを頑張っていくしかないと思うのでいい勉強になりました。
次の試合はホームゲームなので、宮崎の皆さんに勝利をプレゼント出来るように一週間しっかりトレーニングして臨みたいと思います。

◆クロス時の失点について
当然相手も分析してきていますし失点の要因になりますが、その部分をきっちり出来るかどうかというところです。
前節も危ないところで枠にあたって逸れた場面があったのですが、どの選手も攻撃にいくんですが戻った時に自分の役割をしっかりできないとポジションが務まりません。
個人の問題だけではなく、練習の段階から厳しい声掛けや誰が入っても当たり前に出来るような雰囲気づくりが出来るチームにならないといけないと思うので永遠の課題です。

◆得点シーンについて
コーナーのバリエーションの部分で、高い相手に対して何パターンか考えて選手含めてやっていますので、セットプレーからいい段階で得点する事ができたので、それは明るい材料で次の試合も続けて出来るようにやっていきたいと思います。

千布選手インタビュー

◆試合を振り返って
入りもあまりよくなくて、相手も10番の選手を起点として攻撃してくるという事だったので、一人一人のマークの甘さなどが重なり3失点してしまったのではないかと思います。
身長が高い事は分かっていたので、自由に飛ばさせない事や競り合ったこぼれ球をみんなで拾う事は意識してやっていましたが、うまく利用されたり、攻撃であまり起点を作る事が出来なかったので、うまくいなしていく必要があったのではないかと思います。
相手を見ながらやるというのは心がけていましたが、テンポが上がらなかったりで相手陣形を崩すことが出来なかったので、もっと僕や前田選手がボールを触ったりしてテンポを上げる必要があったかと思います。

前半終了間際の良い時間帯に点が取れたので、チームとしてはもう一回後半の立ち上がりを大切にして相手をみながらサッカーをやろうというのは心がけていました。
負けていたので点を取るしかないので、リスクを負うことにはなりますが、アバウトなボールでもいいのでセカンドボールを出してトライしていこうというのをハーフタイムで確認していました。

もう一度クロス対応をしっかり見直さないとまた失点してしまうかと思いますので、練習でしっかり見直して次節へ臨みたいと思います。

藤岡選手インタビュー

◆得点シーンを振り返って
セットプレーでトレーニングしていた形なので、うまくいったと思います。
ああいうボールが来ると思っていたので、狙いどおりでした。

◆岐阜のDF陣について
岐阜のDF陣も大きく強力だったので、そこをうまく崩せたら良かったのですが、なかなか崩すことができなくて、このような結果になってしまったかと思います。
中の選手が大きいし堅いので、もっとボールを動かしながら崩せば良かったのですが、やっぱり背後や空中戦では強いので、そこを外して勝負したかったです。

◆前半失点後の雰囲気について
前半の10分で2点決められてしまいましたが、まだまだ試合時間もあるし慌てずにいこうという話はしていました。

◆次節への意気込み
今日は負けてしまいましたが、次はホームで戦えるのでしっかり勝ちにいきたいと思いますので応援よろしくお願いいたします。

フォトギャラリー









試合結果

明治安田生命宮崎支社サンクスマッチ 明治安田生命J3リーグ 第10節【vs ヴァンラーレ八戸】

2021年06月06日

【明治安田生命宮崎支社サンクスマッチ 明治安田生命J3リーグ 第10節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs ヴァンラーレ八戸」2-0でテゲバジャーロ宮崎の勝利となりました。



スタジアムにお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。

次週6/12(土)はアウェイ・岐阜メモリアルセンター長良川競技場(岐阜県)にてFC岐阜戦です。
翌週6/20(日)はホーム・ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてカマタマーレ讃岐戦です。
全力で戦いますので応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs ヴァンラーレ八戸」


前半 0-0
後半 2-0
—————
2-0


【得点者】
49’ 17 前田 椋介
52’ 7 千布 一輝


【メンバー】
GK 47 植田 峻佑
DF 2 青山 生
DF 3 井原 伸太郎
DF 33 代 健司
DF 21 大熊 健太
MF 17 前田 椋介
MF 7 千布 一輝
MF 23 徳永 裕大
MF 18 渡邊 龍
MF 11 藤岡 浩介
FW 25 梅田 魁人

サブ
GK 32 石井 健太
DF 28 大畑 隆也
DF 5 黒瀬 純哉
MF 15 内薗 大貴
FW 14 サミュエル
FW 20 橋本 啓吾
DF 36 三村 真


【交代】
74’ 18渡邊→36三村
74’ 25梅田→20橋本
81’ 23徳永→5黒瀬
87’ 11藤岡→14サミュエル
87’ 17前田→15内薗


>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

試合ハイライト動画


内藤監督インタビュー

◆試合を振り返って

コロナ禍、試合ができることに感謝し、みなさんに力を与えられるようなプレーを、という気持ちで送り出しました。3週間時間が空いた中、チームわけをしてお互い切磋琢磨する練習を行なってきました。今日の結果は、自分たちのサッカーが出来たことが勝ちに繋がったのだと思います。

前半は、うちを分析してきた相手の動きに対し、ビルドアップして崩すということができなかった。ただ、(暑さもあり)後半勝負できると考えていたので、0-0に焦ることはなく冷静に後半に入ることができた。

休み期間中、攻撃の精度を高める練習をしてきた成果が出て、後半は試合を有利に運ぶことができた。
ただ、欲をいえば3点目を取りたいという気持ちはあった。
守備は前回に続きゼロで抑えることが出来たことが今後の自信にもつながる。
交代で入った選手も(試合を)ゼロで終える、という意識を持ってプレーできた。

◆ボランチ2人の得点について

ハードワークのうえ、点をとってくれたことが素直に嬉しい。上位カテゴリーチームにもひけをとらない動きをしてくれていると思う。チームとしてこういう選手を育てていくことが必要。

◆フォーメーション変更について

途中、フォーメーション変えたのは、もう1点取って3点で勝つんだという気持ちと、これから夏場の高温多湿の試合が続くことを考えての対策でもある。いろんな選手のポジションを変えたりするが、それぞれ信頼して送り出している。


前田選手インタビュー

◆試合への意気込み
天皇杯以降、ビルドアップに関われていなかったので、点も取れる、アシストもできるボランチになろうと意識をしていました。

◆得点について
渡邊、徳永とボールが繋がってきて、 何も考えずにいったのが良かった。地元宮崎での初ゴールはあまり意識はしていなかったが、前半、チームにフラストレーションが溜まっていたのを感じていたのでそこを打破したいという思いだった。
(会場にも来ていた)妹の誕生日でもあったので、7歳のバースデーゴールを贈ることが出来て嬉しい。

◆アシストシーンについて
梅田選手が(八戸の)センターバックを引きつけてくれていたので、「後は千布くん、お願いします」という気持ちで渡しました。



千布選手インタビュー

◆J初ゴールについて
前田選手から良いボールが来たのを入れた。ネットにボールが触れたのも覚えておらず、前田選手が喜んでいるのを見て、「あ、入ったんだな」って思いました。
点を取りたい気持ちはあったが、なかなか決められてなかったので、決められて良かった。喜び方が分からなかったので、これから慣れていきたいです。
1200人のサポーターの皆さんの前でゴールできて、みな喜んでくれて、幸せな日だなって思います。

◆守備的イメージが強いが
自分のペナルティエリアから相手のペナルティエリアまで走りこんで、守備も攻撃も貢献できるプレーヤーがいい(ボランチ)選手だと思うので、今後もそこを高めていきたい。

◆後半に入り方について
前半思うように動けなかったが、みんな焦れることなく自分達のサッカーをやりつづけることができた。
焦らず常に相手の動きを見て、引き付けることが出来たと思う。



明治安田生命宮崎支社様のマッチデーでした!


▼試合前には、明治安田生命宮崎支社代表営業部長 浅野真治様、支社委員長 中村奈津美様よりご挨拶をいただきました。
ご挨拶

▼キックオフセレモニー:明治安田生命宮崎支社薬師通営業所 支部マネージャー山口由貴様
キックオフセレモニー

試合前・ハーフタイムイベント


▼ヴァンラーレ八戸サポーターへご挨拶。遠方の青森からお越しいただいた方・JFL時にもお越しくださった方もいらっしゃいました。


▼スタジアムグルメ出店店舗様にインタビュー。テゲバホームゲームではおなじみ!珈琲専科批呂様。宮崎名物チキン南蛮バーガーや自家焙煎コーヒーなどご紹介いただきました。
珈琲専科批呂様

▼つづいて、こちらもおなじみ!空の駅眺鷲台竜馬様。ボリューム満点のジャンボバーガーなどご紹介いただきました。
空の駅眺鷲台竜馬様

▼応援練習。皆さんの手拍子が選手の力に!


▼ハーフタイムには抽選会を開催!小野寺選手がプレゼンターとして登場。小野寺選手・黒瀬選手が昨シーズン使用したユニフォームがプレゼントされました。
当たった方はラッキー♪
ハーフタイム抽選会
ハーフタイム抽選会

試合フォト


▼ピッチ内アップ
石井選手
代選手
植田選手

▼選手入場
選手入場
選手入場
選手入場

キックオフ前集合写真

▼試合開始
円陣
植田選手
藤岡選手
梅田選手
渡邊選手
大熊選手
前田選手
青山選手
徳永選手
代選手

▼後半4分、チームで細かくパスを繋ぎ、最後は宮崎県(日南市)出身の前田選手が地元のサポーターの目の前で加入後初ゴール!
前田選手
前田選手

▼勢いのまま、後半7分に前田選手のスルーパスから今度はボランチから上がってきた千布選手がJ初ゴール!
千布選手
歓喜
三村選手
橋本選手
サミュエル選手
黒瀬選手
内薗選手
植田選手
井原選手

▼試合終了
試合後
試合後
藤岡選手

南宮崎ヤマモト腎泌尿器科presents Man of the match

今回の受賞者は、前田選手です!
前田選手

美味しいいっぱいスタジアムグルメ♪

【出店企業様】今節もご協力ありがとうございました。
〇阿波岐原クラフトブルワリー様
〇空の駅眺鷲台竜馬様
〇キムラ漬物宮崎工業株式会社様
〇株式会社地頭鶏ランド日南様
〇株式会社シーボン様
〇長友みかん農園様
〇珈琲専科批呂様
〇椎乃実様
〇風味堂菓子舗様


試合結果

トレーニングマッチ結果:ヴェロスクロノス都農

2021年05月30日

非公開の為、試合告知はしておりませんでしたが、本日 5月30日(日)に行われた、トレーニングマッチの結果をお知らせいたします。

テゲバジャーロ宮崎 vs ヴェロスクロノス都農

45分×3本

3-0
1-0
1-1
———
合計 5-1

得点者 梅田×3、三村×1、儀保×1

ヴェロスクロノス都農の皆様、ありがとうございました。

試合結果

明治安田生命J3リーグ 第8節【vs Y.S.C.C.横浜】

2021年05月17日

【明治安田生命J3リーグ 第8節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs Y.S.C.C.横浜」2-0でテゲバジャーロ宮崎の勝利となりました。
アウェイ神奈川までお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。

スタメン

次のホームゲームは、6/6(日)ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてヴァンラーレ八戸戦となります。
その翌週6/12(土)はアウェイ・岐阜メモリアルセンター長良川競技場(岐阜県)にてFC岐阜戦となります。

期間が開きますが、しっかり準備し勝ち点3を得られるよう全力で戦いますので応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs Y.S.C.C.横浜」


前半 1-0
後半 1-0
—————
2-0

【得点者】
19分 18渡邊 龍
57分 11藤岡 浩介

【メンバー】
GK 47 植田 峻佑
DF 2 青山 生
DF 3 井原 伸太郎
DF 33 代 健司
DF 21 大熊 健太
MF 17 前田 椋介
MF 7 千布 一輝
MF 23 徳永 裕大
MF 18 渡邊 龍
FW 11 藤岡 浩介
FW 25 梅田 魁人

サブ
GK 32 石井 健太
DF 22 綿引 康
DF 5 黒瀬 純哉
MF 15 内薗 大貴
FW 14 サミュエル
FW 20 橋本 啓吾
FW 36 三村 真

【交代】
62分 11藤岡→20橋本
71分 25梅田→14サミュエル
71分 23徳永→15内薗
81分 18渡邊→5黒瀬
81分 17前田→36三村

>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

試合ハイライト動画


内藤監督インタビュー

◆試合を振り返って
まず、コロナ禍の中サッカーの試合が出来る事に喜びを感じながら指揮いたしました。
試合の流れとしては前半いいところで点を取ることが出来優位に進められたのではないかと思います。
前半のはじめは相手に押し込まれる場面もありましたが、その後ボールを保持しながら優位な位置で攻めながら何回かチャンスも作れていましたし、また課題であったフィニッシュの部分では後半に入ってからも点を取ることが出来ました。欲を言えばあと2点3点取れるチャンスもあったので次の課題として取り組んでいきたいと思います。

また、多数のサポーターが遠方・関東まで足を運んでくれたことはチームとしては初めての事だそうで、チームとしての進化・足を運んでくれた方のおかげで勝利に繋がったのではないかと思います。
宮崎の皆様に少し勇気を与えられたのではないかと選手に感謝しています。

◆今シーズン初の無失点となりましたが
チームの特徴である全員攻撃・全員守備で、結果としてやっと無失点を達成できましたので合格点をあげたいと思います。
最後ゴール前で体を張るなど前からやっていたことが徹底して出来ており、また前線からの守備で相手に脅威を与えるアプローチの速さやポジショニングが今回は出来ていました。
交代選手が入ったところでも全体の共通理解の元で勝利する事が出来たかと思います。

◆先週の天皇杯予選からの切り替えについて
まず自分たちが宮崎で一番であるというところにいなければいけないというところで負けてしまい、その悔しさをリーグ戦で見せてほしいと選手には言いました。
その中で練習中・紅白試合でレベルの高い内容でやりあってくれて、結果が試合に繋がったので非常に良かったかと思います。
目標である7試合を区切り・第1クールとして考え、今試合8試合目から第2クールとして、もう一回入り直そうと選手たちには伝えました。
結果として選手たちがあらわしてくれたことには敬意を表したいと思います。

◆次節ホームゲームへの意気込み
ホームゲームというのは絶対に負けられない試合だという思いもあります。自分たちの宮崎で出来るという点を生かして皆さんと一緒に勝利の喜びを分かち合えるように、しっかり準備をしてワクワクするような試合をしたいと思っています。

渡邊選手インタビュー

◆今季初先発について
持ち味をしっかり出そうという意識を強く持って試合に入りました。
練習の中で相手のウィークポイントをミーティング等で話をして、自分が突いていけるように練習をしてきました。
監督やコーチにもこういったプレーをしたら誉められるというシーンも作れていたので、(先発も)少し可能性はあるのかなという気持ちでいました。

◆チーム戦術の中での役割は?
相手の中盤はダイヤモンド型なので、ボールを奪ったときに相手のアンカーの脇が空くところはチームとして狙っていました。
自分もボールを受けたらどんどんドリブルで仕掛けていいと言われていました。
前向きでボールを受けて、スピードに乗りどんどん相手に仕掛けていくことを意識していました。

◆次戦への意気込み
昨年も一点を取った後に調子が上がってきた感覚があったので、この勢いを次節にも活かせるように練習でも持ち味を出していきたいと思います。

藤岡選手選手インタビュー

◆試合を振り返って
今回はフォワードとして試合に出させてもらったので、得点を決める事を意識しながら臨んでいました。
前半自分に凄くチャンスがあり、決めていればもっと優位に試合を進められたのではと思います。
一試合を通して、後半に点を取ることは出来ましたが、3点目を決めるチャンスで決める事が出来なかったので、次への反省として決められるようにしたいと思います。

◆リーグ得点ランキングトップタイの得点数について
チームが勝つことが一番ですし、自分が点を取ることが出来れば勝てると思うので、まだまだチャンスがたくさんあるなかで今日は1点しか取れなかったのでしっかり決められるように練習から頑張っていきたいと思います。

◆先週の天皇杯予選からの思いについて
選手全員悔しい思いをし、一週間しっかり練習をしてきたので、その結果が攻撃的になり見せる事が出来、良かったです。

◆次戦への意気込み
次もしっかり3連勝出来るように頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いいたします。

フォトギャラリー


▼この試合は山下良美さんがJリーグで初めて女性主審として笛を吹かれました。
山下良美さん・代選手
山下良美さん

▼徳永選手は、この試合でJ3通算50試合出場を達成しました!おめでとうございます。
徳永選手

▼渡邊選手のが初スタメンの期待にしっかり応えゴール!
ワンタッチパスが繋がり、最後は右足を振り抜きゴールネットを揺らしました。
渡邊選手
渡邊選手
渡邊選手

▼後半には藤岡浩介選手が今シーズンJ3得点ランクトップタイの5ゴール目!梅田選手からのパスを落ち着いて決めました。
アウェイ横浜まで応援に駆けつけてくれたサポーターの前でのゴールに喜びを分かち合いました
藤岡選手
藤岡選手
藤岡選手

梅田選手
千布選手
代選手
徳永選手
前田選手

▼Jの舞台へ帰ってきた内薗選手。
内薗選手
内薗選手

試合終了
試合終了
サポーター
挨拶

試合結果

MFA 第25回 宮日旗宮崎県サッカー選手権大会 決勝

2021年05月10日

【MFA 第25回 宮日旗宮崎県サッカー選手権大会 決勝】
「テゲバジャーロ宮崎 vs ホンダロックSC」0-0(PK4-5)でテゲバジャーロ宮崎の敗戦となりました。

天皇杯本線への出場が叶わず残念です。気持ちを切り替えリーグ戦に臨みます。
Youtubeにてライブ中継をご覧いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。

スタメン

次回明治安田生命J3リーグは、5/16(日)はアウェイ・ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)にてY.S.C.C.横浜戦です。
次のホームゲーム6/6(日)ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてヴァンラーレ八戸戦となります。

今後とも熱い応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs ホンダロックSC」


前半 0-0
後半 0-0
延長前半 0-0
延長後半 0-0
PK 4-5
—————
合計 0-0
(PK 4-5)

【メンバー】
GK 47 植田峻佑
DF 3 井原伸太郎
DF 21 大熊健太
DF 22 綿引康
DF 33 代健司
MF 7 千布一輝
MF 11 藤岡浩介
MF 17 前田椋介
MF 23 徳永裕大
FW 20 橋本啓吾
FW 25 梅田魁人

サブ
GK 32 石井健太
DF 2 青山生
DF 5 黒瀬純哉
DF 28 大畑隆也
MF 8 小野寺達也
MF 18 渡邊龍
FW 14 サミュエル
FW 19 儀保幸英
FW 36 三村真

【交代】
51分 20橋本→14サミュエル
77分 33代→28大畑
延長前 11藤岡→18渡邊
延長前 23徳永→36三村
118分 22綿引→2青山

フォトギャラリー

植田選手
梅田選手
前田選手
徳永選手
綿引選手
井原選手
代選手
千布選手
藤岡選手
橋本選手
渡邊選手
サミュエル選手

試合結果

明治安田生命J3リーグ 第7節【vs FC今治】

2021年05月02日

【明治安田生命J3リーグ 第7節】
「テゲバジャーロ宮崎 vs FC今治」2-1でテゲバジャーロ宮崎の勝利となりました!

スタジアムにお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。



次週5/9(日)は、天皇杯予選・MFA 第25回 宮日旗宮崎県サッカー選手権大会決勝です。(無観客開催となります。)
翌週5/16(日)はアウェイ・ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)にてY.S.C.C.横浜戦です。
次のホームゲーム6/6(日)ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてヴァンラーレ八戸戦となります。

次のホームゲームが1ヶ月先となりますが、天皇杯予選でも宮崎県代表として天皇杯へ出場出来るよう精一杯戦いますので応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs FC今治」


前半 1-0
後半 1-1
—————
2-1

【得点者】
11’ 11藤岡 浩介
48’ 20橋本 啓吾


【メンバー】
GK 47 植田 峻佑
DF 22 綿引 康
DF 3 井原 伸太郎
DF 33 代 健司
DF 21 大熊 健太
MF 17 前田 椋介
MF 7 千布 一輝
MF 23 徳永 裕大
MF 11 藤岡 浩介
FW 20 橋本 啓吾
FW 25 梅田 魁人

サブ
GK 32 石井 健太
DF 28 大畑 隆也
DF 5 黒瀬 純哉
MF 18 渡邊 龍
FW 14 サミュエル
FW 19 儀保 幸英
DF 36 三村 真


【交代】
76’ 3井原→28大畑
76’ 20橋本→14サミュエル
86’ 25梅田→5黒瀬
86’ 11藤岡→18渡邊
86’ 23徳永→36三村


>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

監督コメント


◆試合を振り返って

前節の反省点が開始直後の失点だったので、その部分を特に気をつけた。
今回は開始10分で得点し、いい展開の試合運びができた。
前半は、相手のロングボールや2トップに対してのケアをしっかり行い、こぼれ球を拾って長く繋ぐといういい流れだった。
ただ後半はバタバタとしてしまった感はある。強風の中、前半も後半も風下になってしまったという要因もあるが、リードしている時の試合運びについて基本的な部分をもっと高める必要がある。相手が必死に点を取りにくる展開で、簡単なミスやクリアボールの繋げ方など、3点目を取れる後半の戦い方を今後も積み上げていかないといけない。

交代選手も踏ん張ってくれて、2対1で勝ちきれたことは本人達の自信になると思う。
ホームでの勝利もお客様に喜んでいただけて良かった。次のリーグ戦まで少し時間があるが、天皇杯でも勝ち、リーグ戦もしっかり気を引き締めていい準備をして臨みたい。

藤岡選手コメント

◆今季4得点目について。

うまく奪えて、ミドルシュートの位置が取れたので思い切って打った。前節は無得点で悔しかったので決めたかった。結果につながって良かった。早い時間帯だったので、テンポを作りたかった。

強風については想定外だったが、相手も一緒。自分たちは下からつないでいくサッカーだが、風でロングボールなどがうまくいかないこともあった。それでも対応して勝てた。前節は早くに失点したので、立ち上がりは全員が意思統一して試合に入った。

◆初ゴールを決めた橋本 啓吾選手について。
FWとして責任を感じていたと思うので、ホッとしていると思う。今後はたくさん得点してくれると期待している。

橋本選手コメント

◆Jリーグ初得点について。

後半に入る前に、シンプルに背後を取って得点を狙うという指示があった。最後は気持ちで押し込んだゴール。これまでなかなかゴールを決められなかったので苦しかったのもあるし、チームが負けることもあったので、今節は点を取って勝とうという気持ちで臨んだ。相手DFが処理に時間がかかっていたので、足を出したら触れて、そのままゴールできた。ゴール後はチームのみんなにもみくちゃにされて痛かったが、祝福を受けてうれしかった。

FWとしての憧れはレバンドフスキー。身近にいる水永 翔馬選手もプレーのタイプが似ているので、しっかり吸収したい。今後はチームで求められていることをやる中で、目標である10ゴールを達成したい。次節までハードワークを続けてしっかり準備したい。

試合ハイライト動画


試合前イベント


▼スタジアムグルメ出店店舗様にインタビュー。長友みかん農園様はせとかを使った加工品を紹介いただきました。



▼つづいて、株式会社シーボン様。酵素ドリンクなどご紹介いただきました。


▼また今回もゴール裏のサポーターの皆様にご協力いただき、応援練習を実施いたしました。


試合フォト


スタンド

ゴールキーパー陣
黒瀬選手
アップ

▼藤岡選手の先制点!
藤岡選手
藤岡選手
藤岡選手・徳永選手

徳永選手
植田選手
大熊選手
千布選手
代選手

▼後半立ち上がり直後の橋本選手の追加点!
橋本選手ゴール歓喜1
橋本選手ゴール歓喜2
橋本選手ゴール歓喜3

▼みんなにもみくちゃにされる橋本選手。
橋本選手ゴール歓喜4

綿引選手
前田選手
梅田選手
橋本選手
井原選手
梅田選手
サミュエル選手

▼試合終了
試合終了
試合終了

▼サポーターの皆様へご挨拶
ご挨拶
ご挨拶


▼FC今治サポーターの方々のご来場が出来ない中での試合となりましたが、試合後、FC今治のロッカールームにメモが残されていました。このような姿勢、私達もみならいたいと思いました。
FC今治の皆様、ありがとうございました!

南宮崎ヤマモト腎泌尿器科presents Man of the match

今回の受賞者は、橋本選手です!
橋本選手
橋本選手

美味しいいっぱいスタジアムグルメ♪


【出店企業様】今節もご協力ありがとうございました。
〇阿波岐原クラフトブルワリー様
〇空の駅眺鷲台竜馬様
〇株式会社地頭鶏ランド日南様
〇株式会社シーボン様
〇長友みかん農園様
〇珈琲専科批呂様
〇風味堂菓子舗様





ページ先頭へ

スポンサー・サポーター募集

Copyright© TEGEVAJARO MIYAZAKI All rights Reserved.