試合結果

MFA 第25回 宮日旗宮崎県サッカー選手権大会 決勝

2021年05月10日

【MFA 第25回 宮日旗宮崎県サッカー選手権大会 決勝】
「テゲバジャーロ宮崎 vs ホンダロックSC」0-0(PK4-5)でテゲバジャーロ宮崎の敗戦となりました。

天皇杯本線への出場が叶わず残念です。気持ちを切り替えリーグ戦に臨みます。
Youtubeにてライブ中継をご覧いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。

スタメン

次回明治安田生命J3リーグは、5/16(日)はアウェイ・ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)にてY.S.C.C.横浜戦です。
次のホームゲーム6/6(日)ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてヴァンラーレ八戸戦となります。

今後とも熱い応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs ホンダロックSC」


前半 0-0
後半 0-0
延長前半 0-0
延長後半 0-0
PK 4-5
—————
合計 0-0
(PK 4-5)

【メンバー】
GK 47 植田峻佑
DF 3 井原伸太郎
DF 21 大熊健太
DF 22 綿引康
DF 33 代健司
MF 7 千布一輝
MF 11 藤岡浩介
MF 17 前田椋介
MF 23 徳永裕大
FW 20 橋本啓吾
FW 25 梅田魁人

サブ
GK 32 石井健太
DF 2 青山生
DF 5 黒瀬純哉
DF 28 大畑隆也
MF 8 小野寺達也
MF 18 渡邊龍
FW 14 サミュエル
FW 19 儀保幸英
FW 36 三村真

【交代】
51分 20橋本→14サミュエル
77分 33代→28大畑
延長前 11藤岡→18渡邊
延長前 23徳永→36三村
118分 22綿引→2青山

フォトギャラリー

植田選手
梅田選手
前田選手
徳永選手
綿引選手
井原選手
代選手
千布選手
藤岡選手
橋本選手
渡邊選手
サミュエル選手

試合結果

明治安田生命J3リーグ 第7節【vs FC今治】

2021年05月02日

【明治安田生命J3リーグ 第7節】
「テゲバジャーロ宮崎 vs FC今治」2-1でテゲバジャーロ宮崎の勝利となりました!

スタジアムにお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。



次週5/9(日)は、天皇杯予選・MFA 第25回 宮日旗宮崎県サッカー選手権大会決勝です。(無観客開催となります。)
翌週5/16(日)はアウェイ・ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)にてY.S.C.C.横浜戦です。
次のホームゲーム6/6(日)ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてヴァンラーレ八戸戦となります。

次のホームゲームが1ヶ月先となりますが、天皇杯予選でも宮崎県代表として天皇杯へ出場出来るよう精一杯戦いますので応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs FC今治」


前半 1-0
後半 1-1
—————
2-1

【得点者】
11’ 11藤岡 浩介
48’ 20橋本 啓吾


【メンバー】
GK 47 植田 峻佑
DF 22 綿引 康
DF 3 井原 伸太郎
DF 33 代 健司
DF 21 大熊 健太
MF 17 前田 椋介
MF 7 千布 一輝
MF 23 徳永 裕大
MF 11 藤岡 浩介
FW 20 橋本 啓吾
FW 25 梅田 魁人

サブ
GK 32 石井 健太
DF 28 大畑 隆也
DF 5 黒瀬 純哉
MF 18 渡邊 龍
FW 14 サミュエル
FW 19 儀保 幸英
DF 36 三村 真


【交代】
76’ 3井原→28大畑
76’ 20橋本→14サミュエル
86’ 25梅田→5黒瀬
86’ 11藤岡→18渡邊
86’ 23徳永→36三村


>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

監督コメント


◆試合を振り返って

前節の反省点が開始直後の失点だったので、その部分を特に気をつけた。
今回は開始10分で得点し、いい展開の試合運びができた。
前半は、相手のロングボールや2トップに対してのケアをしっかり行い、こぼれ球を拾って長く繋ぐといういい流れだった。
ただ後半はバタバタとしてしまった感はある。強風の中、前半も後半も風下になってしまったという要因もあるが、リードしている時の試合運びについて基本的な部分をもっと高める必要がある。相手が必死に点を取りにくる展開で、簡単なミスやクリアボールの繋げ方など、3点目を取れる後半の戦い方を今後も積み上げていかないといけない。

交代選手も踏ん張ってくれて、2対1で勝ちきれたことは本人達の自信になると思う。
ホームでの勝利もお客様に喜んでいただけて良かった。次のリーグ戦まで少し時間があるが、天皇杯でも勝ち、リーグ戦もしっかり気を引き締めていい準備をして臨みたい。

藤岡選手コメント

◆今季4得点目について。

うまく奪えて、ミドルシュートの位置が取れたので思い切って打った。前節は無得点で悔しかったので決めたかった。結果につながって良かった。早い時間帯だったので、テンポを作りたかった。

強風については想定外だったが、相手も一緒。自分たちは下からつないでいくサッカーだが、風でロングボールなどがうまくいかないこともあった。それでも対応して勝てた。前節は早くに失点したので、立ち上がりは全員が意思統一して試合に入った。

◆初ゴールを決めた橋本 啓吾選手について。
FWとして責任を感じていたと思うので、ホッとしていると思う。今後はたくさん得点してくれると期待している。

橋本選手コメント

◆Jリーグ初得点について。

後半に入る前に、シンプルに背後を取って得点を狙うという指示があった。最後は気持ちで押し込んだゴール。これまでなかなかゴールを決められなかったので苦しかったのもあるし、チームが負けることもあったので、今節は点を取って勝とうという気持ちで臨んだ。相手DFが処理に時間がかかっていたので、足を出したら触れて、そのままゴールできた。ゴール後はチームのみんなにもみくちゃにされて痛かったが、祝福を受けてうれしかった。

FWとしての憧れはレバンドフスキー。身近にいる水永 翔馬選手もプレーのタイプが似ているので、しっかり吸収したい。今後はチームで求められていることをやる中で、目標である10ゴールを達成したい。次節までハードワークを続けてしっかり準備したい。

試合ハイライト動画


試合前イベント


▼スタジアムグルメ出店店舗様にインタビュー。長友みかん農園様はせとかを使った加工品を紹介いただきました。



▼つづいて、株式会社シーボン様。酵素ドリンクなどご紹介いただきました。


▼また今回もゴール裏のサポーターの皆様にご協力いただき、応援練習を実施いたしました。


試合フォト


スタンド

ゴールキーパー陣
黒瀬選手
アップ

▼藤岡選手の先制点!
藤岡選手
藤岡選手
藤岡選手・徳永選手

徳永選手
植田選手
大熊選手
千布選手
代選手

▼後半立ち上がり直後の橋本選手の追加点!
橋本選手ゴール歓喜1
橋本選手ゴール歓喜2
橋本選手ゴール歓喜3

▼みんなにもみくちゃにされる橋本選手。
橋本選手ゴール歓喜4

綿引選手
前田選手
梅田選手
橋本選手
井原選手
梅田選手
サミュエル選手

▼試合終了
試合終了
試合終了

▼サポーターの皆様へご挨拶
ご挨拶
ご挨拶


▼FC今治サポーターの方々のご来場が出来ない中での試合となりましたが、試合後、FC今治のロッカールームにメモが残されていました。このような姿勢、私達もみならいたいと思いました。
FC今治の皆様、ありがとうございました!

南宮崎ヤマモト腎泌尿器科presents Man of the match

今回の受賞者は、橋本選手です!
橋本選手
橋本選手

美味しいいっぱいスタジアムグルメ♪


【出店企業様】今節もご協力ありがとうございました。
〇阿波岐原クラフトブルワリー様
〇空の駅眺鷲台竜馬様
〇株式会社地頭鶏ランド日南様
〇株式会社シーボン様
〇長友みかん農園様
〇珈琲専科批呂様
〇風味堂菓子舗様





試合結果

明治安田生命J3リーグ 第6節【vs 鹿児島ユナイテッドFC】

2021年04月26日

【明治安田生命J3リーグ 第6節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs 鹿児島ユナイテッドFC」0-1でテゲバジャーロ宮崎の敗戦となりました。

今季2度目の九州ダービーで4連勝がかかっておりましたが、勝利を飾る事が出来ず残念です。
アウェイ鹿児島までお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。

スタメン

次週5/2(日)は、ホーム・ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてFC今治戦です。
翌週5/9(日)は、天皇杯予選・MFA 第25回 宮日旗・NHK杯宮崎県サッカー選手権大会決勝です。

ホームで皆様の前で勝利を届け勝ち点3を得られるよう全力で戦いますので応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs 鹿児島ユナイテッドFC」


前半 0-1
後半 0-0
—————
0-1

【メンバー】
GK 47 植田峻佑
DF 22 綿引康
DF 3 井原伸太郎
DF 33 代健司
DF 21 大熊健太
MF 17 前田椋介
MF 7 千布一輝
MF 23 徳永裕大
MF 11 藤岡浩介
FW 20 橋本啓吾
FW 25 梅田魁人

サブ
GK 32 石井健太
DF 2 青山生
DF 28 大畑隆也
MF 15 内薗大貴
MF 18 渡邊龍
FW 14 サミュエル
FW 36 三村真

【交代】
68分 11藤岡→18渡邊
68分 22綿引→2青山
79分 23徳永→36三村
86分 20橋本→14サミュエル

>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

試合ハイライト動画



内藤監督インタビュー

◆試合を振り返って
まず、現在の新型コロナ感染の状況の中で試合が出来る事を感謝して試合に臨むよう選手達に伝えました。
試合の内容としては、予想外に早い時間に失点しまい、後半点を取りに行こうという気持ちで選手たちは一生懸命頑張ってくれたと思います。
相手のほうが一人一人、特に前線のクオリティの部分で脅威になっていました。
チームとして個人の戦術を伸ばしていかないといけないと感じる試合でした。

◆シュート数は相手を上回っていたが
最後の思い切った仕掛けや突破の場面などリスクをおかしてゴール前の戦いを増やしたり、狙いとしては相手の低いゾーンにシュートを狙うというのが1つではありました。
クロスまではいっていましたが、精度や中の入り方、こぼれ球を決めるという事が上手くいかず得点に繋がらないのが現状です。

◆次戦への意気込み
前節で3連勝し浮ついている状態で臨んでいたわけではありませんが、もう一度この悔しさを持って自分たちはチャレンジャーであるという事を意識して練習をどれだけ出来るかで次の試合の結果に繋がるかと思います。
初心に戻って出来る事を精一杯やっていきたいと思います。

梅田魁人選手インタビュー

◆攻撃面を振り返って
攻撃全体では、試合全体を通してSBの綿引選手や大熊選手からのパスコースが切られているイメージがあって、どこでボールを受けるかの修正を試合中考えていたが、相手の守備が上手で思うようにいきませんでした。
体の強い相手のCBに対して、体の強い自分がしっかりボールを収めることは前半からできていたが、そこから前の推進力につなげることが足りませんでした。
そのあたりが今後の改善点になるかと思います。

◆CKなどチャンスは多く作れていたが
多分、今季始まってから一番CKが多かったと思う。
CKの準備もしていたがうまくいった部分と、キッカーと中の選手との息が合っていなかった部分がありました。
そういった部分をすり合わせていって、CKを得点源につなげていけるようにしたいとおもいます。

◆次戦への意気込み
今回の試合では個人的にはシュートは打てていたが、点を取れていないので、次は自分が点を取って勝てるようにしたいと思います。

代健司選手インタビュー

◆守備面を振り返って
試合の入りで失点したのが一番の問題点だと思います。
一週間準備してきましたが、特徴のある攻撃をしてくる相手に対して、もっと考えながら、しゃべりながらやらなければならないと思いました。
対策をやってきた中で、相手の良さを消し切れなかったのが敗因になったかと思います。

失点シーンは、相手の右サイドの選手はスピードがあって推進力があるのは分かっていたのに、最初のプレーでやられてしまいました。
ああいったプレーを逆に自分たちがやらなければならないと思いました。

◆攻撃面に関しては?
個人の感想としては決めるべきところを決め切れなければ、負けにつながってしまうのを感じました。
こちらが攻めあぐねていたのでも、相手に数多くのチャンスを作らせてしまったわけでもなく、数少ないチャンスを決められてしまった印象が強いです。

◆次戦への意気込み
次はホームでの試合なので、クリーンシートを目指して、宮崎の皆さんに勝利を届けられるように、1週間しっかり準備をしていきたいと思います。

フォトギャラリー


内薗選手
サポーターの皆様

▼選手入場
選手入場
選手入場

▼試合開始
円陣
梅田選手

大熊選手
前田選手
植田選手
ゴール前
徳永選手
綿引選手
千布選手
青山選手
代選手
三村選手
▼試合終了


▼サポーターの皆様へご挨拶
挨拶
内薗選手・植田選手

試合結果

トレーニングマッチ結果:ロアッソ熊本

2021年04月26日

非公開の為、試合告知はしておりませんでしたが、本日 4月26日(月)に行われた、トレーニングマッチの結果をお知らせいたします。

テゲバジャーロ宮崎 vs ロアッソ熊本

45分×2本

前半 2-0
後半 1-1
———
合計 3-1

【得点者】
前半:36三村、14サミュエル
後半:26藤武

ロアッソ熊本の皆様、ありがとうございました。




試合結果

トレーニングマッチ結果:FC延岡AGATA

2021年04月18日

非公開の為、試合告知はしておりませんでしたが、本日 4月18日(日)に行われた、トレーニングマッチの結果をお知らせいたします。

テゲバジャーロ宮崎 vs FC延岡AGATA

45分×2本

前半 2-1
後半 3-2
———
合計 5-3

得点者 18渡邊×3、19儀保×1、14サミュエル×1

FC延岡AGATAの皆様、ありがとうございました。


試合結果

明治安田生命J3リーグ 第5節【vs ガイナーレ鳥取】

2021年04月11日

【明治安田生命J3リーグ 第5節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs ガイナーレ鳥取」2-1でテゲバジャーロ宮崎の勝利となりました。

スタジアムにお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。



次週4/25(日)はアウェイ・白波スタジアム(鹿児島県)にて鹿児島ユナイテッドFC戦です。
翌週5/2(日)はホーム・ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてFC今治戦です。

九州ダービーとなる鹿児島戦で勝利し、4連勝でホームに戻ってこれますよう頑張ってまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします!

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs ガイナーレ鳥取」

前半 2-0
後半 0-1
—————
2-1

【得点者】
14分 25梅田 魁人
22分 11藤岡 浩介

【メンバー】
GK 47 植田峻佑
DF 22 綿引康
DF 3 井原伸太郎
DF 33 代健司
DF 21 大熊健太
MF 17 前田椋介
MF 7 千布一輝
MF 23 徳永裕大
MF 11 藤岡浩介
FW 20 橋本啓吾
FW 25 梅田魁人

サブ
GK 1 伊東倖希
DF 2 青山生
DF 5 黒瀬純哉
DF 28 大畑隆也
MF 18 渡邊龍
FW 19 儀保幸英
FW 14 サミュエル


【交代】
74分 11藤岡→18渡邊
84分 20橋本→28大畑
89分 23徳永→2青山

>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

試合ハイライト動画


内藤監督インタビュー

内藤監督 ◆試合を振り返って
まず、コロナ禍でもこうやって試合をさせてもらえることに感謝しています。選手にもそう伝えました。
まず前半のうちに2点取れたことは、狙い通りの展開で進められたと思います。ただ、前半のうちの3点目を取って試合を決定づけることについてはまだ甘さがあったと思う。
後半、鳥取の追いつこうという気迫が強まり、(テゲバは)防戦の一手となってしまったが、そんな中でも3連勝が出来たことは、選手がよく頑張ってくれたと思います。

◆前半試合を支配していたが、後半は押し込まれる展開でしたが。
後半も0-0での気持ちで臨めと伝えたのですが、どうしても守りに入ってしまった感はある。
トレーニングの中でもっとメンタルも含めた逞しさを鍛え上げていかないといけない。実戦経験も積みながら3点目を取ることができるチームにしていきたい。後半の入りがよくなるよう、今後ハーフタイムのあり方も工夫していかないといけないと感じました。

◆後半の戦い方について
はじめは、相手がこちらに合わせる展開だったが、後半は後ろへ引いてしまってトップとの間が延びてスペースができ、セカンドボールが拾えなくなってしまったことは反省点。全体に押し上げてコンパクトにしながら、守りきること、高い位置でボールを支配して、相手の嫌なところをつく、という風に持っていけたらと考えています。

◆次戦に向けて
相手のビルトアップに対してのアプローチの速さや相手に脅威を与える前線からの追い込み、相手のロングボールにしっかり競るなど、基本的なところはしっかりできていたと思います。鹿児島さんはトレーニングマッチでも対戦しているチームですが、本番はまた全然違う形で戦うことになると思います。3連勝ということはいったん忘れて、目の前の一戦一戦をしっかり勝ち切っていきたいと思います。


1ゴール1アシストで勝利に貢献!梅田選手インタビュー

◆1ゴール1アシストの活躍でした。今日はどんな意気込みで臨みましたか?
前節も得点することができていて、得点は毎回貪欲に狙っています。ただ、あと2〜3点は取れるシーンがあったり、もっとアシストできるシーンもあったので、もっと改善していきたいです。

◆後半攻められる展開について
ここ3戦、2-0から1点返されて2-1で終わるというのが続いていて、課題は明白。細かいところの積み重ねが失点につながっている。バックパスのミスからの失点、そういう部分に気をつけていきたいと思う。

◆ゴールを振り返って
低い位置で大熊選手から受けたパスをドリブルでつなぎ、橋下選手が基点を作り再度大熊からのクロスに合わせることができた。大熊選手とは大学時代から知っているというのはあるので、そのラインで構成できて良かった。

◆2点目のアシストについて
回転してきた球をふわっと上げたら藤岡選手がちょうどそこいて、結果、アシストになったっていう感じだったですね。

◆ホームでの初ゴールでした
初得点がアウェイだったので今回ホームサポーターの前で得点できたことは嬉しいです。


3戦連続ゴールでMan of the matchを獲得!藤岡選手インタビュー

藤岡選手 ◆ゴールシーンを振り返って
ゴール前で相手を振り切って動き出すことができ、梅田選手からいいボールがきたので右足先でタイミング合わせることができました。

◆3試合連続得点ですね
監督からも強くシュート数のことを言われていたので、日頃からシュートを意識していました。その通りにできたことは良かったです。課題としては、3点目を取れるチャンスはたくさんあったしそこをしっかり決めることが出来ればもっと良かったと思います。

◆次戦について
九州ダービーということでも皆さんに注目されていると思うので、鹿児島の人にいい試合を観てもらえるといいかなと思います。


試合フォト

ボール目線

植田選手
橋本選手と徳永選手
徳永選手
▼選手入場
代選手
入場
入場

▼試合開始
大熊選手
徳永選手
植田選手
前田選手
梅田選手
橋本選手
井原選手

▼梅田選手先制点のシーン!
梅田選手
喜ぶ
梅田選手

▼藤岡選手追加点後の笑顔!
藤岡選手

代選手
綿引選手
前田選手
千布選手
渡邊選手
青山選手
大畑選手
監督

▼試合終了

挨拶
代選手
綿引選手

▼試合当日は誕生日!Jリーグデビューも果たした青山選手
青山選手

▼遠く鳥取県よりご来場いただいたガイナーレ鳥取のサポーターの皆様、ありがとうございました!
サポーターの皆様

南宮崎ヤマモト腎泌尿器科presents Man of the match

今回の受賞者は、藤岡選手です!

藤岡選手

激レア商品が当たる!ハーフタイム抽選会


▼ゲストとして、現在怪我でリハビリ中の水永選手が登場!


▼散水タイムの水がかかるハプニングも(笑)


▼伊東選手・徳永選手・奥田選手の2020シーズン着用ユニフォーム。当たった方はラッキー♪おめでとうございます。


美味しいいっぱいスタジアムグルメ♪




【出店企業様】今節もたくさんのご協力ありがとうございました。
〇阿波岐原クラフトブルワリー様
〇空の駅眺鷲台竜馬様
〇株式会社地頭鶏ランド日南様
〇株式会社シーボン様
〇長友みかん農園様
〇珈琲専科批呂様
〇椎乃実様
〇有限会社南九州商事様
〇風味堂菓子舗様

試合結果

トレーニングマッチ結果:ロアッソ熊本

2021年04月05日

非公開の為、試合告知はしておりませんでしたが、本日 4月5日(月)に行われた、トレーニングマッチの結果をお知らせいたします。

テゲバジャーロ宮崎 vs ロアッソ熊本

45分×2本

前半 0-0
後半 1-0
———
合計 1-0

得点者 18渡邊×1

ロアッソ熊本の皆様、ありがとうございました。

トレーニングマッチ結果:ロアッソ熊本

トレーニングマッチ結果:ロアッソ熊本

トレーニングマッチ結果:ロアッソ熊本

トレーニングマッチ結果:ロアッソ熊本

試合結果

明治安田生命J3リーグ 第4節【vs ロアッソ熊本】

2021年04月05日

【明治安田生命J3リーグ 第4節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs ロアッソ熊本」2-1でテゲバジャーロ宮崎の勝利となりました。

J参入後初の九州ダービーとなった今節。
前半から橋本選手の高さを生かしたロングボールからペースをつかみCKなどでチャンスを作りましたが相手の好守もありスコアレスで折り返します。
後半15分、梅田選手がペナルティエリアの外から右足のシュートでゴールを決め先制。
さらに後半24分、藤岡選手ががペナルティエリア内からヘディングでゴールを決め追加点をあげました。
アディショナルタイムに失点するも1点差を守り切り、J参入後初の連勝を飾りました。

雨の中熊本までお越しいただき最後まで手拍子や太鼓で選手を鼓舞し続けてくれたサポーターの皆様、DAZNやテキスト速報などで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。



次週4/11(日)はホーム・ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてvsガイナーレ鳥取戦です。
翌週4/25(日)はアウェイ・白波スタジアム(鹿児島県)にてvs鹿児島ユナイテッドFC戦です。

次週、ホームの皆様の前で3連勝し勝ち点3を得られるよう全力で戦いますので応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs ロアッソ熊本」


前半 0-0
後半 2-1
—————
2-1

【得点者】
60分 25 梅田魁人
69分 11 藤岡浩介

【メンバー】
GK 47 植田峻佑
DF 22 綿引康
DF 3 井原伸太郎
DF 33 代健司
DF 21 大熊健太
MF 17 前田椋介
MF 7 千布一輝
MF 23 徳永裕大
MF 11 藤岡浩介
FW 20 橋本啓吾
FW 25 梅田魁人

サブ
GK 32 石井健太
DF 13 石田皓大
DF 28 大畑隆也
DF 5 黒瀬純哉
MF 16 三島勇太
MF 18 渡邊龍
FW 14 サミュエル

【交代】
63分 22綿引→5黒瀬
80分 21大熊→13石田
80分 11藤岡→18渡邊
84分 25梅田→28大畑
84分 20橋本→14サミュエル

>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

試合ハイライト動画



内藤監督インタビュー

◆試合を振り返って
初めての九州ダービーということで、ロアッソ熊本さんもそうですが、選手が気持ちの入ったプレーをして観てる方へまた来ていただけるようにという思いを念頭に置いた試合でした。
その中で前半はお互いにチャンスはありどちらに勝敗が向いてもおかしくない中で、後半先制して結果的に勝てた事は選手にもすごく自信になりましたし、また交代を5人使い切り役割をある程度果たせたのではないかと思います。

◆交代を使い切った事について
サブで控えている選手は、試合に出たくてウズウズしているのが現状だと思うので、勿論サッカーの中でGKに何かあったらという事もありますが、使い切ってどんどんチャンスを与えて伸ばしていくというのがチームの方針でもありますので結果使って良かったかと思います。

◆失点について
交代で入った選手もそうですが、クリアやシュートを打つ相手への寄せなど、時間を追うごとに普段出来ている事が出来なくなってくることが重なってしまった失点だと思います。
後半しんどい時間帯で、細かい事にはなりますが相手がシュートを打ってくる時に対しての対応など、もう一つ上にいくためには突き詰めていかないと簡単に失点してしまったり勝つことが出来ないので、細部にこだわってトレーニングして次の試合へつなげたいと思います。

◆初の連勝について
なんでも初尽くしにはなりますが、選手は自信を持ってもいいと思います。
ですが、自分たちがやるべき事・ハードワークをしないと簡単に崩れていってしまいますので、ベースにあるところをしっかりして、プラスアルファで攻撃や守備の面をもう一度確認して次の試合に向けてやっていきたいと思います。

◆初めての九州ダービーへの思い
観に来てくださっている方に「また来たいな」と思ってもらえる試合をしたいという思いは第一にありました。
これから九州ダービーが続いていきますが、1回目は勝たないと駄目だという強い気持ちを持ってグラウンドで表現してくれたので、選手たちには感謝しています。

また雨の中、宮崎から来てくださったサポーターの方の力が合わさって今日のような結果になったと思います。
サポーターの思いを背負いながら次の試合も結果を出せるように精進していきたいと思います。

見事なミドルシュートで先制点を演出!梅田魁人選手インタビュー


◆今日の役割について
相手の河原(創)選手は福岡大学の同期で、彼がビルドアップの中心なので、マンツーマン気味につくことを求められていて、そこはうまくいったかなと思います。
開幕からクリーンシートがないので、ゼロで終わることが課題だと思います。
3バックに対しては橋本(啓吾)選手に頑張ってもらって、自分は6番(河原)を消すことを言われていたので、そこはうまくいったかなと思います。

◆得点シーンについて
ミドルが上手なタイプではなく練習でも決める事は少ないのですが、8割で振る事は意識していたのでうまく枠の中にいってくれたので良かったです。
前半が終わったあとと、後半が始まったときに、監督からもシュートの本数と「思い切って振っていけ」と言われていたことが頭によぎって、振り抜いていきました。

◆次節への意気込み
第一はチームが勝つことで、自分が点を取って勝つことができれば一番なので、次の試合もどん欲に狙って、チームを勝たせることができればいいと思います。

ダイビングヘッドで追加点!藤岡浩介選手インタビュー

◆どんな意識で試合に臨んだか?
自分たちのサッカーをすることを心がけて臨みました。
相手は細かくボールをつないでくると聞いていたので、それにしっかり対応しながら、チャンスをしっかり決めていくことを心がけていて、それを決めることができて良かったです。
チームが勝つことが大事で、自分のゴールが勝利に繋がることが一番なので意識しながらプレーしています。

◆得点シーンについて
前半にもああいうシーンがあって、同じような感じでボールが来ると予測して入り込み、井原選手がうまく落としてくれたので、決めるだけでした。
PK以外でしっかり決める事が出来たので、自分にとっても次につながるものになったかと思います。

◆初の連勝について
“九州ダービー”で気合いも入りましたし、絶対に負けられない試合だったので、しっかり結果を出せて良かったです。
次も勝って3連勝できるように頑張りたいです。

フォトギャラリー


代選手
徳永選手
橋本選手


▼後半15分、梅田選手が右足を振り抜きミドルシュートをネットに突き刺し待望の先制点
梅田選手

▼さらに後半24分、大熊選手のコーナーキックを井原選手が折り返し、最後は藤岡選手がダイビングヘッドで追加点
得点シーン
喜ぶ
喜ぶ

梅田選手
井原選手
前田選手
大熊選手
藤岡選手

試合結果

明治安田生命J3リーグ 第3節【vs カターレ富山】

2021年03月29日

【明治安田生命J3リーグ 第3節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs カターレ富山」2-1でテゲバジャーロ宮崎の勝利となりました。

前半20分、PKを獲得すると、藤岡選手が冷静に決め先制。
さらに前半42分、大熊選手のクロスに徳永選手が合わせ技ありゴールで追加点をあげ前半を折り返します。
後半33分に失点し猛攻を受けるも、1点差を守り抜き、J3初勝利をおさめることが出来ました。

雨の中スタジアムにお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただきました皆様ありがとうございました。

スタメン

次週4/4(日)はアウェイ・えがお健康スタジアム(熊本県)にてvsロアッソ熊本戦です。
翌週4/11(日)はホーム・ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてvsガイナーレ鳥取戦です。
応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs カターレ富山」


前半 2-0
後半 0-1
—————
2-1

【得点者】
20分 11 藤岡浩介
42分 23 徳永裕大

【メンバー】
GK 47 植田峻佑
DF 22 綿引康
DF 3 井原伸太郎
DF 33 代健司
DF 21 大熊健太
MF 17 前田椋介
MF 7 千布一輝
MF 23 徳永裕大
MF 11 藤岡浩介
FW 20 橋本啓吾
FW 25 梅田魁人

サブ
GK 32 石井健太
DF 13 石田皓大
DF 28 大畑隆也
MF 18 渡邊龍
FW 14 サミュエル
FW 19 儀保幸英
FW 36 三村真

【交代】
70分 20橋本→19儀保
79分 23徳永→36三村
79分 11藤岡→18渡邊

>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)

試合ハイライト動画


内藤監督インタビュー

◆試合を振り返って
展開としては、前半に2点取ることが出来、相手の分析も含めて今週やってきたトレーニングがうまく出たかと思います。
攻撃面では、前回の反省を含め非常にシュート数が少ないので、目標として10本打とうという意識の中から2点が生まれたので今後も継続していきたいと思います。
後半は、2-0の状況から相手にペースを作られる時間が長かったのですが、交代選手を含めて勝っている時にどういう事をすればいいのか、縦の深みや幅を使いながらボールを動かし時間を使う等もっとずる賢く勝ち切れるようにしていかないといけませんし、交代選手の特徴をいかして2-0で勝ち切れるような試合をするのが次の課題かと思います。

◆戦術について
攻撃では、相手の3バックの裏を狙う事と、特徴であるボールを繋ぐところで相手がきたら使っていく事をバランスよく出来たのではないかと思います。
守備では、いつものように前線からハードワークと中をしめながら、井原選手が相手の9番に対してしっかりやってくれたので、あとのこぼれ球をみんなで回収するという事が出来たと思います。

◆前半を2-0で終える事が出来たが、後半に向けてハーフタイムではどのような声掛けをしたか
戦術的には前半やられていたのが、相手の右サイド・こちらの左サイドからの攻めでしたので、ボールを相手の左サイドに持って行こうということを言いました。
また、気持ちの面で、前半2点リードしているが次の1点が勝負である事、サッカーのなかでは2-1となったら当然1点入れたほうが勢いづいてくるので気持ちを引き締め直して入り方を前半と同じようにいけるように、自分たちのチームは11人だけでなく交代の選手も含めてやっているのだから、信頼していけるところまでいこうと伝えました。

◆次戦・ロアッソ熊本との初の九州ダービーへの意気込み
鹿児島ユナイテッドFCさんもそうですが、一緒に出来る事が凄く嬉しいです。
勝つことを目指して勿論やるのですが、切磋琢磨してお互いにいい試合をして、観てる方が納得して帰っていただけるようなアグレッシブな試合をしたいと思っています。


Man of the matchを獲得!藤岡選手インタビュー

◆今回の試合へ向けて
前節勝つことが出来なかったのでアグレッシブにやろうと思っていました。

◆PKシーンについて
PKについては自信がありました。
倒された前田(椋介)に、俺に蹴らせてくれと言って蹴らしてもらいました。
1、2戦で得点できずみんなに迷惑をかけている思いもあったので、その気持ちがゴールに繋がったのではないかと思います。

◆後半について
攻め込まれていたが、ボールを相手に持たせていたイメージがあったので嫌な感じはしなかったです。

◆ユニスタ初ゴールについて
初ゴールの意識はあまりしていませんでした。
みんながユニスタで勝ちたいという気持ちを持ってやってきたので、自分のゴールで勝ててうれしいです。
決めるべきときに決めるということを続けていきたいと思います。

技ありゴールで追加点!徳永選手インタビュー

◆得点シーンを振り返って
大熊選手から良いボールが来ました。
練習の時から狙っていたとおりのパターンでした。
ワンバウンドして時間がありGKを見る時間があったので冷静に決める事が出来ました。
個人的にも気持ちのいいゴールでしたし、チームの初勝利の決勝点に繋がったのが一番嬉しいです。

◆中盤の選手として指示や役割などあったか
相手の3バックの後ろが空いてしまうので、左サイドの藤岡選手と積極的に出ていこうと話をしていました。
PKのときもショートカウンターからテゲバらしいハードワークで攻めていました。
前からプレッシャーを掛けて、大熊選手と藤岡選手のところで相手を食いつかせるというのが前半できていました。

◆初勝利の気持ち
ホームスタジアムで絶対初勝利したかったので、まずはホッとしています。

宮崎県小林市出身・NOBUさんがご来場!

新曲「春となる」と、昨シーズンまで選手入場の際に使用していた「いま、太陽に向かって咲く花」を披露いただき熱く会場を盛り上げてくださいました。

NOBUさん
NOBUさん

▼キックインセレモニー
NOBUさん

▼試合後に記念撮影。ご来場ありがとうございました!
記念写真

試合フォト


スタジアム
練習
サミュエル選手

▼選手入場
選手入場
円陣

▼試合開始
橋本選手
千布選手

綿引選手
梅田選手

▼前半20分、PKを獲得し藤岡選手が冷静に決め先制。
PK
喜ぶ選手達

▼さらに前半42分、大熊選手のクロスに徳永選手が合わせ技ありゴールで追加点をあげ前半を折り返す。
徳永選手
ゴール
喜ぶ選手達
喜ぶ選手達

▼後半33分に失点し、猛攻を受ける
失点
交代
渡邊選手
植田選手
代選手

▼試合終了
挨拶
植田選手
大熊選手
儀保選手
代選手
梅田選手

▼テゲバジャーロ宮崎をJFLへ導いてくださったカターレ富山石崎監督と、倉石ヘッドコーチ
石崎監督・倉石ヘッドコーチ

▼足元が悪い中ご来場いただきありがとうございました!


南宮崎ヤマモト腎泌尿器科presents Man of the match

今回の受賞者は、藤岡選手です!

藤岡選手

美味しいいっぱいスタジアムグルメ♪

スタジアムグルメ
スタジアムグルメ
スタジアムグルメ

【出店企業様】ご協力ありがとうございました。
〇阿波岐原クラフトブルワリー様
〇空の駅眺鷲台竜馬様
〇珈琲専科批呂様
〇株式会社地頭鶏ランド日南様
〇有限会社南九州商事様
〇風味堂菓子舗様
〇株式会社シーボン様

試合結果

明治安田生命J3リーグ 第2節【vs AC長野パルセイロ】

2021年03月22日

【明治安田生命J3リーグ 第2節】

「テゲバジャーロ宮崎 vs AC長野パルセイロ」1-1で引き分けとなりました。

10分に失点するも、87分に梅田魁人選手のヘディングシュートで同点に追いつき、Jリーグ参入後初となる貴重な勝ち点1を得ることができました!
雨の中、アウェイ長野までお越しいただいた皆様、DAZNで応援いただいた皆様、SNS等で応援いただいた皆様ありがとうございました。

ゴールシーン
次週3/28(日)はホーム・ユニリーバスタジアム新富(宮崎県)にてvsカターレ富山戦です。
翌週4/4(日)はアウェイ・えがお健康スタジアム(熊本県)にてvsロアッソ熊本戦です。
ホームで皆様の前で勝利を届け勝ち点3を得られるよう全力で戦いますので応援よろしくお願いいたします。

試合詳細「テゲバジャーロ宮崎 vs AC長野パルセイロ」


前半 0-1
後半 1-0
—————
1-1

【得点者】
87分 25 梅田魁人

【メンバー】
GK 47 植田峻佑
DF 22 綿引康
DF 3 井原伸太郎
DF 33 代健司
DF 21 大熊健太
MF 17 前田椋介
MF 7 千布一輝
MF 23 徳永裕大
MF 11 藤岡浩介
FW 20 橋本啓吾
FW 25 梅田魁人

サブ
GK 32 石井健太
DF 13 石田皓大
DF 28 大畑隆也
MF 18 渡邊龍
FW 14 サミュエル
FW 19 儀保幸英
FW 36 三村真

【交代】

60分 11藤岡→14サミュエル
79分 23徳永→18渡邊
79分 20橋本→19儀保
88分 25梅田→36三村

>>試合詳細(Jリーグオフィシャルサイト)


内藤監督インタビュー

◆試合を振り返って
前半、自分たちのチームとしてはいい立ち上がりで入れたと思いますが、その中で不用意な失点をしてしまい苦しい展開となってしまいました。
後半は控え選手も含めてチーム一丸となって同点に追いつくことが出来たので最低限勝ち点1を取れたという事は今後に繋がると思うので良かったと思います。

◆今試合の攻撃陣について
前回の試合と比べ良かったと思いますし、全体のボールの動かしからクロスボールが入ったり、一人ターゲットが入る事により相手がつられその間に入ったりなど、トレーニングしたところが少しは出ていたと感じます。
新しいところで一通りというかおさまる部分もあり、高さというところでは相手の脅威にはなったと思います。
その中でもっと2トップのコンビネーションだったりバリエーションを増やしていけばもっともっと楽な展開を作っていけるかと思います。

◆今試合の失点・守備について
自分たちの特徴としてキーパーも含め低い位置からビルドアップしていくが、その精度を高めていかないと今日のような失点が増えてしまいます。
良いところでありながら狙われると失点してしまうというのは勿体ないので、より一層磨いてそこから攻撃につなげられるようにしたいと思います。

◆Jリーグ初得点となったが選手たちの自信・手ごたえはどうか
最終的に決めたのは梅田選手でしたが、前半のPKで止められたことは本人も強く思っていました。
後半入る時、全員が闘志をもって試合に臨めたので、結果勝つことは出来ませんでしたが追いつけたので、この歴史的な1点をどんどん積み上げていけるようにしたいと思います。

◆次戦への意気込み
ホームでまず一勝したいと思っていますので、最低限今日の戦い且つ、もっと攻撃を磨いてホームで勝てるようにしたいと思います。
また、遠く宮崎からサポーターの方に雨の中来ていただき力強く感じました。この方達のおかげで勝ち点1を取れたので無駄にしないように次のホーム戦につなげたいと思います。

Jリーグチーム初得点! 梅田選手インタビュー

◆攻撃陣の出来
前回のフォーメーション・メンバーが違う中で、長野が前から来るので、橋本(啓吾)の高さを生かしていくと話していました。
相手CBが空中戦に強かったので、橋本に食いついてきたところで連動したりと、工夫しながらやっていました。

◆PKを失敗したシーンについて
目の前に長野のサポーターがいたので、緊張はありました。
いろいろな要素が重なって失敗してしまったので、反省しています。

◆後半のゴールシーンについて
大熊(健太)選手が良いボールを上げてくれました。
前半に迷惑をかけているぶん、後半は絶対にゴールを取ろうと思っていたので、気持ちで押し込みました。

◆次戦への意気込み
長野は昨年昇格争いをしていたチームなので、その相手に勝点1を取れたのは大きな自信になりました。
来週のホームで勝点3を取れるように、つなげていきたいと思います。

ビックセーブ多数 GK植田選手インタビュー

◆失点シーンを振り返って
意図しない取られ方をして、僕のポジショニングも悪い状態でした。
相手が頭の上を狙ってくると思いましたが、僕の動きをしっかり見て判断を変えたのではないかと思い一枚上手だったと思います。

◆前後半にビッグセーブもあったが
ケガがあって、キャンプからあまり練習できずにシーズンに入りました。
不安はありましたが、その中でも集中して臨めたと思います。
僕1人の力では、この結果は得られていないはずです。
最後の球際での粘りや、前からのチェイシングがあったからこそ、この結果が得られました。

◆ビルドアップの意識は高く見られたが。
そこは自分のストロングなので、後ろに落ち着きを与えて、自分たちのサッカーにつなげられればと思っています。
長野が激しくプレスを掛けてくるのは分かっていたので、その中でどれだけできるか、トライした部分もありました。
こういうプレッシャーの中でやっていかないと、成長できないと思います。

◆自身の手ごたえは?
失点してしまっているので、合格とは言えません。
難しい状況でも止められるGKになりたいです。
次の試合も出られるように、練習から頑張りたいと思います。

試合ハイライト動画



フォトギャラリー


儀保選手
大畑選手
石田選手
渡邊選手
大熊選手
梅田選手
千布選手
代選手
井原選手
ゴール前
サミュエル選手
橋本選手
ゴール前混戦

▼前半10分に失点するも、後半42分梅田選手がペナルティエリア内からヘディングでゴールを決め同点に追いつきました。
ゴールシーン
ゴールシーン
前田選手


▼雨の中現地で応援いただいたサポーターの皆様ありがとうございました!

ページ先頭へ

スポンサー・サポーター募集

Copyright© TEGEVAJARO MIYAZAKI All rights Reserved.