U-12

考えるチカラ

2016年02月11日


、、ソワソワ、、、ソワソワ。
 

 

んーなんか最近ソワソワするんだよなー。

 

何でだろう?

 

 、、、。

  

そーか!

 

もうすぐバレンタインデーだ!

 

バレンタインデーが近づくと、なぜかソワソワする男子。

 

バレンタインデーあるあるだなぁ。

 

 

中学3年のバレンタイン。

 

話した事もない後輩の女の子が近づいて来て、

「小林先輩、あのー、、、」
 

こ、これはまさか!!
 

と思ったら、

 

「このチョコレート、いつも小林先輩が一緒に帰ってる安井先輩に渡してもらっていいですか?」

 

「、、、も、もちろんだよ。」

 

 

アゴ外れたなぁー。

 

    

チョコ貰えるんじゃないかとテンション上がった自分も恥ずかしいし、さっきのドキドキが無駄だった切なさといったら、、、
 

 

あれ?

 

 

無駄だった?

 

 

無駄、、、むだ、、、むだ、、、
 

むむむっ!!

 

そーなんです。

 

ジュニアブログなんです!

 

バレンタインはドキドキが止まらないんです!!
 

 

 

  

というわけでジュニアブログ始まります( ̄Д ̄)ノ
 

まずはこの写真!

 

およよ(´・Д・)」

 

なにかいつもと雰囲気が違いますねー?

 

みなさん何が違うかわかりますかー( ̄Д ̄)ノ?

 

 
そう!

彼らはジュニアではなく、テゲバジャーロ宮崎のジュニアユースチーム、中学生のチームの選手達です(^^)

 

  

 

今回ジュニアチームの5年生数名が、ジュニアユースの練習試合に経験を積ませるため参加させてもらいました( ̄^ ̄)ゞ
  

  

ジュニアチームと違い、ジュニアユースはミーティングを選手主体で行なう事も珍しくありません( ̄Д ̄)ノ

 

選手同士で意見を出し合い、ミーティングをする。

 

ただ監督、コーチの話を聞くだけでなく「自分たちで考える」というこのミーティングで、ジュニアの子どもたちは何を感じたのでしょうか?

 

 

ちなみに左側で緊張している子たちがジュニアの選手です( ̄Д ̄)ノ笑

 

 

ぼく自身ジュニアユースの練習や試合を見る機会は少ないので、偉そうな事は言えませんが(ー ー;)

 

ぼくが1番感じるのは、ジュニアユースの子ども達はしっかり「自分の意見や考えを相手に伝える」ことができているという事です( ̄Д ̄)ノ

 

   

それはやはり普段の練習から「自分で考える」ということを積み重ねているからだと思います( ̄Д ̄)ノ

 

何も考えずただ与えられた練習をこなすだけでは成長できないし、それではサッカーに対しての自分の意見を持つ事はできません。

 

 

選手としての自主性、自分の考えなどをジュニアの子どもたちにも少しずつ持っていってもらいたいですね(^^)

 

  

そして試合になれば頭ではなく、身体の違いも感じさせてもらいました(^^)

 

身体の強さ、足のスピード、パススピードの違い。

 

 

やはり小学生と中学生のフィジカルには大きな差があります。

 

普段のジュニアの試合では感じられない感覚だったと思います( ̄^ ̄)ゞ
 

人間の身体とは不思議なもので、過去に経験した事を糧に、今を乗り切る事ができます( ̄Д ̄)ノ

 

過去に辛い、きつい経験をすることで、「あの時に比べればこんなこと何でもない」と感じ、今の現状を乗り越える事ができます。

  

 

ぼくが大卒1年目で入団したザスパ草津というチームでの事です( ̄Д ̄)ノ

 

厳しいトレーニングを続けていて、次の日が待ちに待ったオフの日!

 

すると監督が、

「ホワイトボードに名前のある選手は明日もトレーニングする。朝9時に準備しろ。」

 

ホワイトボードには5人の選手の名前が書かれていました。
 

そしてハッキリ「ゆーた」と書かれていました(´Д` )
  
 
   

  

次の日。

 

日本にこんな長い坂あったの?

 

という坂道に連れていかれ、監督が軽トラで400mを測り始めました。

 

 

 

400m坂道ダッシュ×10本
  

 

クラクションの合図と共に後ろから監督が軽トラで追いかけてきます( ̄Д ̄)ノ

 

1本目走り終わった時点で、足パンパン。

心臓飛び出そう。

 

「これ10本ゼッッッッッッタイ無理!!」
 

心の中で思いました(´Д` )笑 

 

しかし監督は表情一つ変えず、クラクションを鳴らし続けました。

 

最後はオシッコ漏らしそうになりながら10本走りきったのを覚えています(´・Д・)」

 

長くなりましたが、あの時の走りがあったからこそ、それからの厳しいトレーニングも「あの時の苦しさに比べれば!」と思い乗り越える事ができました !

 

 

ジュニアの子どもたちも、ジュニアユースの選手と試合をする事で「中学生に比べたら同い年の選手なんか怖くない!」と普段の試合で思えるのではないでしょうか( ̄Д ̄)ノ

 

 

そう思えるためにも、今回のような経験を大切にしてほしいですね!!
  

 

 

そして最後はジュニアスマイル( ̄Д ̄)ノ

 

 

今回は特別編として、ジュニアスマイル!

そしてジュニアユーススマイルの二段構えでいきたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

 

まずはジュニアスマイル!

 

なんてカワイイ笑顔でしょーか( ̄Д ̄)ノ笑

 

長い間ケガでサッカーができず、最近練習に復帰できた喜びのスマイルでしょう(^^)

 

ボールをみんなと蹴れる喜び、みんなと一緒にサッカーできる喜びを感じていると思います!

  

練習一緒にがんばりましょう(^^)

 

 

そして次はジュニアユーススマイル!

 

先日公式戦でゴールを決めたそうです( ̄Д ̄)ノ

 

チームメイトも全員で大盛り上がりだったそうです ( ̄^ ̄)笑

 

やはりゴールを決めた瞬間というのは、血が逆流するような興奮を味わう事ができます!

 

 

そのゴールを仲間と一緒に喜べるのは本当に幸せな瞬間ですよね(^^)
 
    

 

 

ジュニア、ジュニアユース!!

 

 

みんなで今年もたくさんのゴールを決めて、みんなで一緒にゴールの喜びを味わいましょう( ̄Д ̄)ノ
 

それではまた(^^)

ページ先頭へ

スポンサー・サポーター募集

Copyright© TEGEVAJARO MIYAZAKI All rights Reserved.