WjAuO

第一回ジュニアブログ

2015年06月03日


むむっ、、、
むむむ!!

そーなんです。始まるんです。

ジュニアブログが始まるんです!!

このブログはテゲバジャーロ宮崎、No.19の小林雄太が、ジュニアチームの練習風景や、子どもたちとの楽しくも厳しいふれあいを載せていくジュニアブログです。
どういった形になっていくかは書いてる本人にもわからないので、是非温かい目で読んでもらえたらありがたいと思います!
第一回の練習ですが、天気は、、、
そう、
雨なんです!!
しかしこの程度の雨では気になりません。

まずは全員で円を作って準備体操。
大きな声を出している子もいれば、泥で汚れた靴を気にしてる子もいる。
みんなで大きな声を出しましょう( ̄Д ̄)ノ


そしてナベコーチの指導する低学年はドリブルの基礎練習へ!
四角のマーカーを様々なボールタッチで周ります。このような基礎技術の練習は成長するにつれて必ず必要になってきます。
体が大きい小さい関係なく、必ずサッカーをするためには必要な技術だと考えています。



そして次は狭いスペースの中での一対一。

ナベコーチが出したボールを合図に一対一が始まります。
ぼく自身体が大きい選手ではないので、大きい選手に対してどうやったら相手をかわせるか?

どうやったら相手を止められるか?

というのを常に考えながら、一対一の練習を小さい頃からしてきました。
このような練習を繰り返して、子ども達が色んな事を考えながら自分なりの工夫を出してもらえたら嬉しいですね!


そして室監督が指導する高学年。

全員真剣な顔で監督の話を聞いています( ̄Д ̄)

子ども達の真剣な空気に、写真を撮るのも少しドキドキしました(´・Д・)」
今日のテーマは「状況判断」
パスをするのかドリブルをするのか。

数的有利、数的不利な場面での選択の練習でした。

これは大人になってサッカーをしている自分でも試合では迷うことがよくあります。
なので子ども達のプレーを見て、
ナルホド、そうゆう選択肢もあるのね
なんて思うことはよくあります!

指導する立場ですが子ども達にも刺激をもらっている今日この頃です( ̄Д ̄)笑

 そして練習後にはこの笑顔!

トップチームの選手も、雨の泥だらけの練習の後にこの笑顔を見せてほしいものですね( ̄Д ̄)笑

今日の練習の流れはこのような感じでした!

雨の中でもみんなそれぞれにボールを必死に追っかけていました!

そしてここで少し昔話を( ̄Д ̄)ノ

ぼくが大学に入学した頃の話です。
サッカーでプロの選手になることを目標に毎日を過ごしていた大学1年生の時。

先輩に言ってもらった言葉です。

「ゆうた。どの道を選ぶかよりも、選んだ道でどれだけ頑張れるかが大事なんだぞ」
今までサッカーを続けてきてたくさん岐路がありました。でもこの言葉のおかげで覚悟を持って道を選ぶことができました。
子どもたちはこれからたくさんの道を選ぶことがあると思います。

子どもたちが一所懸命がんばると決めた道なら、それがどんな道だろうとぼくたちは応援します!

選んだ道で一所懸命がんばれる子どもに成長できるように、スタッフ一同毎日の練習に取り組んでいきたいと思っています!

少し長くなりましたが、週に1、2回のペースでジュニアブログを書いていきたいと思います!、、、つもりです!!
それではまた(^^)

ページ先頭へ

スポンサー・サポーター募集

Copyright© TEGEVAJARO MIYAZAKI All rights Reserved.